注目キーワード

生産者の取組み

GAP指導者育成用eラーニングサービスが提供開始

近年、農業生産活動を行う上で注目が高まっている「GAP」。その指導者育成のための学習方法として、NECソリューションイノベータがeラーニングサービスの提供を開始する。このサービスの導入により今後のGAPの普及が期待される。

PCやタブレットを使うことで
いつでも繰り返し学習が可能

近年の農業生産活動において、ますます注目を集めている「GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)」。農業を行う上で、快適な労働環境、安定した作業工程、安全な農作物を作ることを目的とした取り組みである。この普及・拡大のためには、GAPに精通した指導者の育成が求められているが、指導者になるための学習手段の不足が大きな壁となっていた。

そんな中、NECソリューションイノベータが、GAP指導者育成支援のためのeラーニングサービス「タブレットで学べる指導者のためのGAPの基本と実践」を開発。12月より提供を開始する。

GAP認証取得目指すなら
農業従業者には最適な教材

このサービスは、GAPの基本的な制度や実践的な指導内容をパソコンやタブレットを用いて学習できるもので、自身の都合のよい時に、また、繰り返し学習することが可能だ。指導者を目指す人だけでなく、指導機関での活用も視野に入れている。

学習コンテンツの作成は、一般社団法人日本生産者GAP協会常任理事の山田正美氏と株式会社日本農業サポート研究所によるもの。世界水準のGAP基準や農林水産省発行のGAP共通基盤に関するガイドラインを踏まえた学習コンテンツを採用しており、GAP認証取得を目指す農業従事者には最適な教材といえるだろう。

このサービスを受け、GAPを導入した農業従事者が増えることで、安心・安全な生産環境や農業経営の安定化に繋がることが期待される。

問い合わせ

NECソリューションイノベータ

関連記事

農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
グローバルGAP認証を受けて、海外輸出に成功!

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. スマホで誰でも簡単土壌測定! JA全農『簡易土壌分析ツール』で快適な農作業を...
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正