生産者の取組み

ハチミツ採取に劇的な革命を起こした巣箱って!?

オーストラリア人親子が作った巣箱「Flow Hive」が、養蜂家にとって革命的な発明だと注目されている。

ハチの負担を軽減した
巣箱Flow Hive

オーストラリア人親子がクラウドファンディングで作った巣箱「Flow Hive(フローハイブ)」は、養蜂家にとって革命的な発明だ。従来のハチミツ採取は、防護服に身を包んで巣を煙でいぶし、巣箱から取り出した蜂の巣を遠心分離機に。その後、濾過も必要だった。

ところがFlow Hiveは初めから六角形の蜂の巣構造があるため、そこにミツバチがハチミツを溜め込む。溜まったら六角形の部分を上下にずらせば、不純物がないハチミツが自然に下に流れ落ちる。巣を取り出さないためハチの負担も少なく、人間の手間も省ける一挙両得の方法なのだ。

クラウドファンディングでは約14億円を集めた。
©Beeinventive Pty.Ltd.

 

セイヨウミツバチの飼育を対象に開発されている。
©Beeinventive Pty.Ltd.

 


HP:Flow Hive


text: Yukinobu Kato

施設園芸・植物工場展 2018 (GPEC)

関連記事

アクセスランキング

  1. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  2. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  3. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  4. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  5. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  6. 従来比2〜3割コスト減?低価格&高耐候性のハウスに注目!
  7. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
  8. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  9. 加工場やカフェは「テント建築」で安くオシャレに!
  10. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.07 / ¥0
2018年3月30日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル