再エネ・最新技術

最新テクノロジー! 超リアルな鳥害対策ロボット登場

鳥と人間の頭脳プレイ
鳥害対策に”慣れ”は禁物

従来の鳥害対策といえば、かかしや爆音器、防鳥テープなどが挙げられるが、鳥は知能が高いため、最初は警戒を示しても、安全であると見抜くとすぐに慣れ、早ければ1日とその効果が持たないこともある。そのため、鳥害対策はなかなか功を奏しなかった。

「Robirds」もいずれ慣れてしまうのでは? と心配する声が上がるかもしれないが、「Robirds」の場合は彼らの天敵を限りなく本物に近い形で模倣しているため、鳥の生態本能を刺激し、慣れることは無いと言う。

テクノロジーを駆使した新しい鳥害対策。人間と鳥の知恵比べもついにここまで来た。さて、勝敗はどちらに?

「Robirds」公式サイト


文/沢田ルウ

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  3. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  5. 病気を防ぎ、効率的なイチゴ育苗へ! 革新的なトレイ“カタツムリポット”がスゴイ!
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  10. 住居と垂直型農場を一体化!? オーストリアの「ザ・ファームハウス」がすごい!
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正