注目キーワード

最新技術

農作物の異常を自動診断するスマホアプリがすごい

美味しい農作物を育てるためには、農作物を常に健康な状態で栽培する必要がある。しかし、健康かどうかの判断を、誰もができるわけではない……。そこで登場したのが、農作物の健康状態が分かるアプリである。

スマホで撮影し植物の異常を
自動診断するスマホアプリ

「プランティックス」は、画像認識により、植物の害虫や疫病、養分欠乏を瞬時に診断するスマホアプリ。栽培中の農作物をスマートフォンで撮影し、画像をアップロードするだけで、農作物の異常を自動診断し、対処法などを表示する仕組みだ。

現時点で180種類以上の害虫や疫病などが網羅されている。また、「プランティックス」は、農家や専門家らが集まるオンラインコミュニティとしての役割も担っており、農作物の栽培にまつわるナレッジや成功事例などが共有されている。農作物の異常の早期発見につなげ、農作物の栽培に関するナレッジを広く共有し合うことで、世界各地の農業生産性を向上させる一助となりそうだ。

HP:plantix.net


taxt:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.05(2017年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正