再エネ・最新技術

農作物の異常を自動診断するスマホアプリがすごい

美味しい農作物を育てるためには、農作物を常に健康な状態で栽培する必要がある。しかし、健康かどうかの判断を、誰もができるわけではない……。そこで登場したのが、農作物の健康状態が分かるアプリである。

スマホで撮影し植物の異常を
自動診断するスマホアプリ

「プランティックス」は、画像認識により、植物の害虫や疫病、養分欠乏を瞬時に診断するスマホアプリ。栽培中の農作物をスマートフォンで撮影し、画像をアップロードするだけで、農作物の異常を自動診断し、対処法などを表示する仕組みだ。

現時点で180種類以上の害虫や疫病などが網羅されている。また、「プランティックス」は、農家や専門家らが集まるオンラインコミュニティとしての役割も担っており、農作物の栽培にまつわるナレッジや成功事例などが共有されている。農作物の異常の早期発見につなげ、農作物の栽培に関するナレッジを広く共有し合うことで、世界各地の農業生産性を向上させる一助となりそうだ。

HP:plantix.net


taxt:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.05(2017年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  5. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
  10. リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル