再エネ・最新技術

農作物の異常を自動診断するスマホアプリがすごい

美味しい農作物を育てるためには、農作物を常に健康な状態で栽培する必要がある。しかし、健康かどうかの判断を、誰もができるわけではない……。そこで登場したのが、農作物の健康状態が分かるアプリである。

スマホで撮影し植物の異常を
自動診断するスマホアプリ

「プランティックス」は、画像認識により、植物の害虫や疫病、養分欠乏を瞬時に診断するスマホアプリ。栽培中の農作物をスマートフォンで撮影し、画像をアップロードするだけで、農作物の異常を自動診断し、対処法などを表示する仕組みだ。

現時点で180種類以上の害虫や疫病などが網羅されている。また、「プランティックス」は、農家や専門家らが集まるオンラインコミュニティとしての役割も担っており、農作物の栽培にまつわるナレッジや成功事例などが共有されている。農作物の異常の早期発見につなげ、農作物の栽培に関するナレッジを広く共有し合うことで、世界各地の農業生産性を向上させる一助となりそうだ。

HP:plantix.net


taxt:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.05(2017年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. 農作物の異常を自動診断するスマホアプリがすごい
  3. 成功する農業!注目が高まる『農福連携』のポイント
  4. 農家後継者が成功する5つの要素
  5. 栽培の気づきは腕に書く! 農作業用の新感覚メモ!
  6. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  7. 「地元に恩返し」乃木坂46井上小百合、農業への想い
  8. 資金調達/コスト減 農業競争力強化支援法って何?
  9. 便利なコツをシェアします!梨農家の想いに支援続出
  10. なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2017年10月11日発行

お詫びと訂正