注目キーワード

最新技術

どこでも設置・移設・増設できる! 完全人工光型植物栽培ユニット

葉栽類からミニ野菜まで、多品目のフレッシュ野菜の栽培が可能な、ホールインワンの植物栽培ユニットに注目。

大和ハウス工業が提案するのは、「Agri-cube」。駐車場1台分のスペースがあれば、安心・安全な良質の野菜を水耕栽培できる完全人工光型の植物栽培ユニットだ。

大和ハウスならではのプレハブ建築の技術を駆使するとともに、栽培棚・エアコン・換気システム・蛍光灯照明といった植物栽培に必要な内部設備機器を、シンプルかつ効率的にパッケージング化することで、新しい農作業のカタチを生み出した。

この「Agri-cube」、設置・移設・増設の手軽さがあり、レストランなどの駐車場、病院や介護施設といった社会福祉法人、あるいは建設会社などの新規事業としても採用され、そのホールインワンなシステムが好評だ。

新鮮な野菜が手に入りにくい離島などでの活躍も期待される。

daiwahouseagricubemar23アグ


大和ハウス工業株式会社(農業事業)  HP


Text:Yoshiki Matsuura

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  7. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  8. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正