注目キーワード

最新技術

どこでも設置・移設・増設できる! 完全人工光型植物栽培ユニット

葉栽類からミニ野菜まで、多品目のフレッシュ野菜の栽培が可能な、ホールインワンの植物栽培ユニットに注目。

大和ハウス工業が提案するのは、「Agri-cube」。駐車場1台分のスペースがあれば、安心・安全な良質の野菜を水耕栽培できる完全人工光型の植物栽培ユニットだ。

大和ハウスならではのプレハブ建築の技術を駆使するとともに、栽培棚・エアコン・換気システム・蛍光灯照明といった植物栽培に必要な内部設備機器を、シンプルかつ効率的にパッケージング化することで、新しい農作業のカタチを生み出した。

この「Agri-cube」、設置・移設・増設の手軽さがあり、レストランなどの駐車場、病院や介護施設といった社会福祉法人、あるいは建設会社などの新規事業としても採用され、そのホールインワンなシステムが好評だ。

新鮮な野菜が手に入りにくい離島などでの活躍も期待される。

daiwahouseagricubemar23アグ


大和ハウス工業株式会社(農業事業)  HP


Text:Yoshiki Matsuura

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正