再エネ・最新技術

広エリアの監視もおまかせ! ITセンサー「ミハラス」

圃場の「見回り省力化」と「生産性向上」を大きくサポートしてくれるITセンサーが続々登場。2017年春発売予定の「MIHARAS(ミハラス)」が現在予約受付中だ。

従来、大規模圃場や分散化が進んだ圃場では、見回りの移動に時間がかかり、労力の負担が大きく、労力を軽減するための監視システムには高いコストがかかるものだった。そのような課題に対し、ITセンサーMIHARASは、低コストで大規模圃場の環境データの監視を可能にしている。

データ収集装置とセンサー端末間は、特定小電力無線の採用により通信費が不要。長距離通信による監視のため、分散化が進んだ圃場でも、手元で簡単に環境データの管理ができる。データ収集装置1台につき、最大100台のセンサー端末を接続できるというもの特徴だ。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

アラート、グラフ、データ連携などのクラウド機能を活用することにより、データの「見える化」と「蓄積」を手軽に行えるシステムとなっている。蓄積したデータはAPI機能を利用して、他社のクラウドなどと連携し分析することもできるという。

圃場の「見回り省力化」と「生産性向上」を大きくサポートしてくれるMIHARAS。今後の大規模圃場にとって、欠かせないものになるかもしれない。


MIHARAS 公式HP

ニシム電子工業株式会社 公式HP


 

関連記事

2016/08/25 | 再エネ・最新技術

農業で活きる、自動車産業の技術

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  3. リモコン操作&無人運転も!? “自動運転アシスト農機”の進化がスゴい
  4. 熱気に包まれた「全国青年農業者会議」の2日間。全国の若手農家が集結
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル