再エネ・最新技術

まるでヒトの腕! 様々なタスクをこなす収穫ロボット

2本のアームを、ヒトの腕のように使い分けるカリフラワー収穫ロボットがイギリスで開発された。3年以内の実用化が期待される、最新技術をご紹介。

カリフラワーを自動で収穫
ヒトの腕に似たロボット

「グミ・アーム」は英プリマス大学のマーティン・シュトーレン博士が開発したカリフラワー収穫ロボット。2本のアームは、ヒトの腕のような柔軟さと頑丈さを有し、タスクに応じてこれらを使い分けるのが特徴だ。

©University of Plymouth

アームの先にある手には、カメラとセンサーが搭載されており、作物の生育状況を自動で評価し、収穫に最適なものだけを選別して摘むことができる。また、このカメラとセンサーは作物の画像やセンサーデータを収集する機能も担っており、畑の現状の可視化にも役立つ。

「グミ・アーム」は今後3年以内に実用化される見通し。カリフラワーのみならず、他の野菜の収穫にも適用できるよう、さらなる改善をすすめていく方針だ。

DATA

www.plymouth.ac.uk


AGRI JOURNAL vol.07(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  3. リモコン操作&無人運転も!? “自動運転アシスト農機”の進化がスゴい
  4. 熱気に包まれた「全国青年農業者会議」の2日間。全国の若手農家が集結
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル