注目キーワード

最新技術

作業時間は半減・採取エラーは10%軽減! アメリカ発の土壌サンプル採集ロボット

アメリカで「土壌サンプル採集ロボット」が開発された。精度向上&効率化を実現する、最先端技術を見ていこう。

圃場の養分状態を可視化する
土壌サンプル採集ロボット

アメリカ・パデュー大学の卒業生が立ち上げたスタートアップ企業・ロゴ社は、分析用土壌サンプルを自動で採取する農業ロボット「スマートコア」を開発。圃場を自律走行しながら高精度で測位して採土地点を正確に特定し、土壌サンプルを一定の深さで採取する仕組みだ。実証実験では、作業員による手作業に比べて土壌サンプルの採取エラーを10%軽減し、作業に要する時間を半減させた。

昼夜問わず稼働でき、適切な土壌サンプルの採取によって土壌分析の精度が高まる。圃場の養分状態を正しく可視化でき、施肥の適正化につなげられるのが利点だ。ロゴ社では拠点とするアメリカ中西部を中心に、カナダなどでも「スマートコア」を展開していく方針だ。



ロゴ社:rogoag.com

©Rogo Ag, LLC


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.23(2022年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. スマホで豚の体重や枝肉測定をする時代へ! 畜産コンサルのコーンテックの挑戦に迫る...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正