注目キーワード

最新技術

アイメック農法でトマトがより甘くなるってホント!?

いま幅広い世代から人気の高い、甘さがぎゅっと詰まったトマトを作ることができる、最先端の栽培システムが登場した。土を使わず、フイルムで栽培できるというユニークなシステムだ。

甘いトマトを栽培するには水分コントロールが不可欠だ。この水分コントロールが非常に難しく、土でフルーツトマトを栽培するためには長年の経験と勘が必要である。しかし、フイルムを用いて水分コントロールを行う「フイルム農法」は、新規就農者でも容易に、甘くて高栄養価のトマトを栽培することができるという。

ƒfƒ“ƒJƒtƒBƒ‹ƒ€Í”|ƒVƒXƒeƒ€— –Ê16.7.7

甘いトマトを作るかぎとなるのが、このアイメック®(※)フイルムである。
アイメック®フイルムは、養液(水と養分)を吸収する特殊なフイルムだ。作物がこのフイルムに吸収された養液を吸うために、根がフイルムに張りつき、養液を吸収する際、たくさんの糖分やアミノ酸などが作り出される。その結果、栄養価が高く、美味しいトマトが栽培できるのである。
※アイメック®はメビオール株式会社の登録商標です。

このフイルム農法の販売を行っている(取材当時)デンカ株式会社では、創業100年の農業と肥料のノウハウを活かし、システム導入後1年間の技術サポートも行っている。最先端技術を組み合わせた農家にやさしい栽培システムが、これからのトマトをもっと美味しくしてくれる。


デンカ株式会社 公式サイト

【アイメック®フイルムに関するお問い合わせ】
メビオール株式会社


取材・文/松浦良樹

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...
  8. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正