注目キーワード

最新技術

アイメック農法でトマトがより甘くなるってホント!?

いま幅広い世代から人気の高い、甘さがぎゅっと詰まったトマトを作ることができる、最先端の栽培システムが登場した。土を使わず、フイルムで栽培できるというユニークなシステムだ。

甘いトマトを栽培するには水分コントロールが不可欠だ。この水分コントロールが非常に難しく、土でフルーツトマトを栽培するためには長年の経験と勘が必要である。しかし、フイルムを用いて水分コントロールを行う「フイルム農法」は、新規就農者でも容易に、甘くて高栄養価のトマトを栽培することができるという。

ƒfƒ“ƒJƒtƒBƒ‹ƒ€Í”|ƒVƒXƒeƒ€— –Ê16.7.7

甘いトマトを作るかぎとなるのが、このアイメック®(※)フイルムである。
アイメック®フイルムは、養液(水と養分)を吸収する特殊なフイルムだ。作物がこのフイルムに吸収された養液を吸うために、根がフイルムに張りつき、養液を吸収する際、たくさんの糖分やアミノ酸などが作り出される。その結果、栄養価が高く、美味しいトマトが栽培できるのである。
※アイメック®はメビオール株式会社の登録商標です。

このフイルム農法の販売を行っている(取材当時)デンカ株式会社では、創業100年の農業と肥料のノウハウを活かし、システム導入後1年間の技術サポートも行っている。最先端技術を組み合わせた農家にやさしい栽培システムが、これからのトマトをもっと美味しくしてくれる。


デンカ株式会社 公式サイト

【アイメック®フイルムに関するお問い合わせ】
メビオール株式会社


取材・文/松浦良樹

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正