再エネ・最新技術

自動で芝を刈ってくれる「ロボット芝刈機」に低価格モデルが登場!

スウェーデンに本社を構えるハスクバーナは、325年の歴史を誇る老舗メーカーで、1995年に世界初の「ロボット芝刈機」を発売した。現在も世界で最も売れている「Automower(オートモア)」シリーズに、普及モデルを新たに投入し、販路拡大を狙う。

325年の歴史を誇る老舗
ロボ芝刈機のパイオニア

2018年10月、幕張メッセで開催された「第8回 農業ワールド」には、次世代農業を担う注目企業が集結した。アグリジャーナル編集部は、各ブースを徹底取材。注目企業を厳選して紹介する。今回は、ロボット芝刈機などを販売する「ハスクバーナ」だ。

てんとう虫の外装を施した“デコレーション芝刈機”が、芝を模した緑のシート上を動き回る――ハスクバーナのブースは、ロボット芝刈機「Automower(オートモア)」の特徴的なデモ運転で、来場者の目を引いていた。



スウェーデンに本社を構え、何と325年の歴史を誇るハスクバーナは、1995年に世界初となるロボット芝刈機を発売。以来、改善・改良を重ねており、現在も「オートモア」シリーズは、ロボット芝刈機として世界で最も売れているという。

今年・2018年には、シリーズの最新モデル「オートモア105」を発売。従来機種よりも価格を抑えて、普及拡大を狙った戦略モデルだ。ハスクバーナのブース担当者は「ぜひ気軽に使ってみてほしい」と話す。


新商品のオートモア105(中央) 。左下は、てんとう虫の外装を施したデモ機

気になる価格は、19万8,000円(税別)。ロボット芝刈機本体のほかに、運転範囲を指定するために張り巡らすワイヤーやペグなどが含まれる「キットS」がセットになった価格だ。

普及モデルとはいえ、オートモアの売りである静音性や、時間・曜日設定機能、高度な刈高調整機能などをしっかり備えている。作業エリア能力は600㎡(終日)で、14度の傾斜まで乗り越えて作業できる。

担当者は「今のところは、学校や病院などの導入実績が多い。この普及モデルで、別荘地や一般のご家庭など、定期的な芝の管理が必要となるすべての場所へアピールしていきたい」と意欲的に語った。

DATA

ハスクバーナ

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  3. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  4. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  5. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正