再エネ・最新技術

これぞ“スマート畜産” スペイン発、世界初の鶏舎向けモニタリングロボットって?

世界ではどのような技術が開発されているのだろうか。スペインでは、世界初の鶏舎向け自立型スマートモニタリングロボットが登場している。先進的なソリューションとして注目されている技術を紹介。

鶏舎を常時モニタリングする
世界初の鶏舎向けロボット

チキン・ボーイ」は、スペインのファロマティックスによって開発された世界初の鶏舎向け自律型スマートモニタリングロボット。屋根から吊り下げられ、昼夜問わず24時間、鶏舎内を自動で巡回しながら、センサーやカメラを通じて大気環境やニワトリの健康状態をモニタリングし、養鶏機材の稼働状況をチェックする。

収集したデータはクラウドプラットフォームに集約され、鶏舎の状況をリアルタイムに可視化。人工知能によって疫病などの異常を早期に検知し、作業員にアラートを出して対処を促す機能も備わっている。

ニワトリの健康を維持しながら鶏舎を効率的に管理できる先進的な精密畜産農業(PLF)ソリューションとして注目されている。

©Faromatics SL


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.13(2019年秋号)より転載

  • 関連記事

    特集企画

    アクセスランキング

    1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
    2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
    3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/27(月)発行!
    4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
    5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
    6. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
    7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
    8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
    9. 世界初! 光合成をリアルタイムで計測する「光合成計測システム」は何が凄い?
    10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
     

    フリーマガジン

    「AGRI JOURNAL」

    vol.14 / ¥0
    2020年1月27日発行

    お詫びと訂正