注目キーワード

最新技術

もう肉を食べる時代は終わり!? 肉そっくりの真菌由来タンパク質「プロミク」

世界のトレンドをチェックして、食農ビジネスのヒントにしよう! 今回紹介するのは、スウェーデンのスタートアップ企業が開発した、肉そっくりの代替タンパク質。いったいどんな商品なのだろうか。

食品残渣を培地に真菌を培養
肉そっくりの代替タンパク質

「プロミク」とはスウェーデンのスタートアップ企業マイコリナが開発した真菌由来のタンパク質だ。食品加工の過程で生じる食品残渣を培地として真菌を培養する仕組み。成分の60%がタンパク質、12%が食物繊維であることから食肉に似た味や食感を楽しめ、ミートボールやナゲットなど、様々な食品に活用できる。また「プロミク」の生産は、肉牛の生産に比べて5000分の1の敷地で足り、水の消費量も60分の1にとどまるため、環境負荷が低い

マイコリナでは2020年5月に120万ユーロ(約1億4500万円)の資金を調達し、スウェーデン南部で生産工場を建設中。大手食品メーカーとの提携のもと2021年の商品化を目指している。

©Mycorena AB


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.16(2020年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  4. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  5. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  6. 人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目...
  7. 世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは...
  8. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  9. 株式会社クラレ主催!「化学する農業」がテーマの展示会とは!?
  10. 施設園芸は次のステージへ! 多くの作物で高収量を実現させる、期待の“新技術”とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正