注目キーワード

「トマト」の検索結果

日本においては、農業就業人口の減少や農業者の高齢化により、農業の労働力不足が深刻な問題となっている。そんな中、アグリテック先進国のイスラエルではトマトを収穫するロボットを開発し注目を集めている。

スマート化が進む施設園芸、イスラエルでトマト収穫ロボットが登場

普段作っているトマトを高GABAに育てることができる!そんな夢のような栽培システムが今夏、本格販売される。試験農場で高GABAトマトを生産している開発元の株式会社いけうちに話を伺った。

いつものトマトが「高GABA」に育つ!? 霧を使った噴霧水耕システム

樹で赤く熟させる「赤熟もぎり」ができ、流通性にも優れた『王様トマト』。JA足利ではいち早く『王様トマト』の栽培に着手し、地域ブランド化に成功している。市場も高く評価するその魅力とは?

足利トマト農家が一丸となり作った地域ブランド、 背景に赤熟もぎりの『王様トマト』。

2022年6月15日、カゴメと日本電気(NEC)が記者発表を行った。本年度の7月、AIを活用して加工用トマトの営農支援を行う合弁会社「DXAS Agricultural Technology(ディクサスアグリカルチュラルテクノロジー)」をポルトガルに設立予定であることが発表された。

カゴメ×NEC 加工用トマトの営農支援会社をポルトガルに設立

徳島県では、誠和と県立農業大学校などが協力して座学・実習の講座を開設し、地域農業を支える人材を育成している。どのような教育が行われているのか、現場の声を中心に紹介していきたい。

産官学連携で地域人材を育てる! 徳島でスタートした「施設園芸アカデミー」の受講生に聞く

誠和がより多くの人の“儲かる農業”を実現するため、改革を進めている教育プログラム。トマト施設栽培スペシャリストを育成する全寮制の学校『トマトパークアカデミー』をご紹介。

誠和の教育プログラムをレポート! 『トマトパークアカデミー』の結果を出す仕組み

「モダンで洗練された農園」にとって、栽培機能の骨格を成すハウスは最も重要な舞台装置だ。そこに採用されたのは「間口6m×奥行き6m×軒高5m」という栽培の自由度を重視したプロ仕様のハウスだった。

トマト一筋18年、トマトのプロが選んだ6×6ハウスの実力

「なかなか儲からない」ことが、農業人口が減少している理由の一つ。では、農業を儲かる仕事にするための、仕組みを作ってはどうか。こうした発想のもと、独自の買取システムを確立したのが「株式会社Happy Quality」だ。代表の宮地誠さんに、その詳細などをお話いただいた。

高年収の農家も輩出!高機能・高品質トマトのフランチャイズ経営の仕組みは?

淡水の使用を削減して塩水を活用するソリューションがサウジアラビアから登場した。淡水を使うより食味・鮮度向上にもつながる技術を見ていこう。

食味・鮮度向上にも繋がる、塩水を活用した新しい環境制御型農業とは

農業においても一般化してきたデータ分析だが、取得したデータをどのように活用すべきか悩む生産者も多い。その悩みに応え「データ分析を活かした具体的な解決施策」を提供するウェブプラットフォームを紹介しよう。

課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス

1 2 3 5

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. スマホで豚の体重や枝肉測定をする時代へ! 畜産コンサルのコーンテックの挑戦に迫る...
  10. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正