注目キーワード

「ファッション」の検索結果

気候変動問題のソリューションとして期待される「リジェネラティブ農業」。アウトドアブランド「パタゴニア」は、その可能性にいち早く着目し独自のアクションを続ける。地球を救うこれからの農業について話を聞いた。

パタゴニアが推奨する、環境を再生する農業。リジェネラティブ・オーガニック農法とは

農作業も楽しい気持ちで取り組める、モンクワ×キティちゃんのコラボアイテムがかわいすぎる! また、ポップなグリーンに空調ファン・バッテリーが付いた、夏におすすめの女性向けパーカーやベストにも注目。

ファッションで楽しむ農業ライフ! モンクワのパーカーやもんぺが可愛すぎる

「自分らしく、生き生きとありたい」というのは、働く女性の普遍的な願い。こうした願いに寄り添うのが、ワークウェアブランドの「RASHIKI」だ。農業女子にもオススメなアイテムが展開されている。

【作業着とデザインのはなし】農業女子のオシャレ欲を満たすウェア「エプロンドレス」

農業におけるファッションの意義とは? その答えの一端は、作業着メーカー「ハーベスタ!ハビコル」と、デザイナーを務める岡部文彦さんの言葉にあった。

【作業着とデザインのはなし】唯一無二の農園芸ウェア「ハーベスタ!ハビコル」とは?

農業ウェアのプラス1 アイテム。蠢く春から、甘露輝く梅雨時期に。日差しや虫、雨から身を守るアイテムを集めました。

どうせ着るなら楽しみたい! 色・機能・柄で心躍る春夏の農業ワークウェア

岡山地方新農業経営者クラブ連絡協議会は、県内アパレルブランドメーカー「Johnbull(ジョンブル)」とコラボレーションした多機能エプロンを開発。2021年1月19日に取組発表会を行った。

岡山県の若手農業者とアパレルメーカーがコラボ! 作業効率を上げるエプロンが誕生

アグリジャーナル新企画・第1回『AGRI COLLECTION』を開催! 今回は応募いただいたなかから、受賞5作品をご紹介。みなさま、たくさんのご参加をありがとうございました!

〈結果発表〉農家さんの『こだわり』ウェアが大集合! #あぐこれで見つけた編集部厳選5コーデ

ワークウェアでやはり譲れないのは機能性とデザイン性。ということで、アグリジャーナルでも馴染みのあるブランドの中から、いま注目のアイテムをご紹介しよう。

機能性&デザイン性は譲れない! 編集部おすすめのいま着たいワークウェア5選

タウンユースできるデザインや、快適な農作業を実現するハイテク素材とワークウェアの進化が止まらない。でも、実際みんなは何を考えて選んでいるんだろう。農家さんの本音から見えてくる真実とは。

選ぶときのこだわりは? 今注目しているアイテムは? 農家さんに聞くワークウェアの本音

野暮ったい農業のイメージを払拭する草刈機が登場。現場と自然との親和性をテーマにデザインを見直した「ラビットモアー RM984 」の魅力を、最旬コーディネートと共に見て行こう。

見た目も可愛い草刈機!「ラビットモアー RM984」と最旬ワークウェアファッション

1 2 3 6

特集企画

アクセスランキング

  1. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/20(木)発行!
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 畦畔の草刈りはロボットにお任せ!長野県信濃町で実装実験
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.22|¥0
2022/1/20発行

お詫びと訂正