注目キーワード

「有機農業」の検索結果

気候変動をはじめ、環境問題のソリューションとして注目されるリジェネラティブ農業。その最大の特徴が、不耕起だ。土壌生態学をベースに不耕起・草生栽培の研究を続ける、福島大学の金子信博教授に話を聞いた。

土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?

気候変動問題のソリューションとして期待される「リジェネラティブ農業」。アウトドアブランド「パタゴニア」は、その可能性にいち早く着目し独自のアクションを続ける。地球を救うこれからの農業について話を聞いた。

パタゴニアが推奨する、環境を再生する農業。リジェネラティブ・オーガニック農法とは

趣味の園芸用としてだけでなく、農業のプロもホームセンターで資材を購入する人は多い。ホームセンターカインズで、土壌を整えるアイテムを手に入れよう!

土に栄養をしっかり補給させる「増し土」「カルシウム」で豊かな作物を

都市農業が盛んな横浜市港北区のプロ農家たちに支持される『アサギリMIX PELLET』。その人気の秘密を、地域農業を支えて50年余の「西尾商店」に伺った。

土づくりにこだわる農家御用達! 『アサギリMIX PELLET』が都市農業で選ばれる理由とは?

農薬や化学肥料、除草剤を使用しなくても、おいしくたくましい野菜をつくりたい。そんな思いを抱く新規就農夫妻が実践するのは、「BLOF理論」に基づく自然に優しい農法だった。

草を粉砕して、微生物が心地良い土づくり! “BLOF理論”で安心・安全な野菜を

有機栽培されたぶどうから醸造したオーガニックワインが今、若い世代に人気だ。化学肥料や農薬、除草剤を使用せず、環境にやさしい農法で栽培するには? 今回は、世界初のぶどう園向け除草ロボットを紹介しよう。

有機栽培の強い味方! 温室効果ガス排出0のぶどう園向け除草ロボで環境に優しい栽培を

日本随一の“米どころ”である新潟県南魚沼市で、お米の高付加価値化を実現して規模を拡大している生産者がいる。そのノウハウと美味しいお米に懸ける想いをここでご紹介しよう。

無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る

日本一のお茶処として知られる静岡県に、自然栽培を行う茶園がある。それを実現させたのは、長年培った栽培ノウハウと、一台の草刈機のようだ。

ある気づきで病害虫の発生をゼロに! 草と共に育てる“自然栽培茶”とは

取引をもっとフェアに、もっと楽しく。生産者が販売まで楽しめ簡単に操作ができるインターネット上の卸売市場アプリ「ラクーザ」がパワーアップ。さらに使いやすくなって正式版が登場!

フェアな取引をもっと手軽に! インターネット上の卸売市場『ラクーザ』の正式版アプリがリリース!

持続可能な農業に向けて大きく舵を切ったフランス。有名シャトーのぶどう畑では、Made in Japanブランドの小型乗用草刈機が愛用されている。

あの有名シャトーの農園でも使用! 日本製の乗用草刈機はなぜ人気なのか?

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/20(木)発行!
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 畦畔の草刈りはロボットにお任せ!長野県信濃町で実装実験
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.22|¥0
2022/1/20発行

お詫びと訂正