注目キーワード

「有機農業」の検索結果

地方に移住したい————。働き方が多様化し、田舎暮らしに憧れる若者が増えている。しかし、誰もが地方に行けば、理想の暮らしが手に入るわけではない。幸せな移住生活を実現させるために必要なものは何だろうか。 2014年、限界集落に移住した田畑勇太さんが語る地方移住のリアルとは?

<若手農家の挑戦>限界集落への移住、成功なるか?

子供も大人も大好きな「ペロペロキャンディ」。米国で人気の「ロリポップ」は、なんと飴の棒を土へ水平に埋めるとハーブやラベンダーなどが収穫できるそうだ。食べられて植えられる、そして自然に触れ合えるキュートでオーガニックなロリポップを紹介。

ペロペロキャンディの棒を土に埋めるとラベンダーが収穫できるって本当?

大分県臼杵市にあるワタミファーム臼杵農場が、JGAP認証を取得した。認証に必要な条件を満たし、第三者機関による厳しい審査をクリアするために、ワタミファームの親会社であるワタミグループが心掛けてきたことは何か?

JGAPを取得したワタミファームが心掛けたこととは?

太陽光発電やインターネットを駆使した農業のブランディングなどに取り組む翔栄クリエイトが、健康にも美容にも嬉しい、コールドプレス製法した「ビゼットジュース」を実店舗にて発売開始した。

有機野菜や果物を使った「コールドプレスジュース」とは?

農家にとって生産コストは死活問題! でも、もし肥料代のコストがゼロなら、利益はもっと増えるのでは? 今回は、肥料代ゼロでも収量を確保している、とある農家による"緑肥"の話をお伝えしよう。

肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業

「グローバルGAP認証」を受けることで、農業生産者には実際に、どのようなメリットがあるのだろうか? 2012年にGAPが主催する国際コンペティション「第1回GLOBALG.A.P.アワード(大賞)」を受賞した松本農園に話を聞いた。

グローバルGAP認証を受けて、海外輸出に成功!

徳島県は伝統産業として藍染が有名。染料の素となる藍を育て、染料を作り、染めていく一連の作業を自分で行いたいと修行の道に入った阿部さん。その後どのように有機農業と出会ったのか。就農して芽生えた想いを伺った。

歴史ある徳島の藍染、有機農業で地域活性化を狙う

2013年に就農し、夫と二人で農家レストランを経営することを夢見てきた高橋さん。夢の実現が目前となる現在、農業をはじめるキッカケや楽しみ方を聞いた。

移住して有機農家レストラン…ある夫婦の夢の叶え方

”国際的に安全管理の評価を得ている農産物”であると認められるという「グローバルGAP認証」。取得の流れや、取得後の気になるそのメリットについて説明する。

農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?

アメリカでは都市でも地方でも地域活性につながる、農業ムーブメントが起こっている。今回はニューヨークで行われている取り組みについて紹介する。

米国農家の約3分の1は、なんと大都市圏で経営!

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  3. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  4. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/14(水)発行!
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正