注目キーワード

「水稲」の検索結果

農業経営において様々な角度から課題が押し寄せるが、課題解決に一役買うのが「作業効率化」。今回は、有機農家から絶大な支持をされている、オーレックの乗用水田除草機械を紹介する。

有機農家から絶大な支持!持続可能な米づくりをサポートする“オーレックの乗用水田除草機械”

持続可能な農業の実現に向けて注目が集まるバイオスティミュラント。その資材のひとつとして期待されているのが菌根菌だ。今回はその具体的な効果と製品について紹介する。

菌根菌が作物に与える3つの効果とは? 菌根菌由来のバイオスティミュラントが使用拡大中

水田由来のカーボンクレジットの創出およびカーボンニュートラルの推進を目的とする「稲作コンソーシアム」。2023年6月20日(火)、新たにNTTコミュニケーションズ株式会社、ウォーターセル株式会社、ジャスミー株式会社の3社の加盟が発表された。

水田由来のJ-クレジット登録を支援! 「稲作コンソーシアム」に3社が新規参画

スマート農業を常にリードし続けてきたクボタが、遂に無人自動運転コンバインを市販する。これによりクボタの無人自動運転農機はトラクター&田植機と並んでフルラインナップ化が完成。人が乗らずに耕うん・田植・収穫できる時代が到来する!

「農機に人が乗らない時代」が幕を開ける! クボタが無人自動運転コンバインを発売

厄介なネズミによる農作物への被害を食い止めるため、まずはハウス内に侵入させない為の防止策が重要となる。ビニールハウスや畜舎などでも利用できる、天然成分で作られた忌避剤を紹介しよう。

ハウスや畜舎、倉庫へのネズミの侵入を防ぐ! 農業現場でのオススメの忌避剤の選び方は?

稲の管理作業の中で最も大変な苗箱並べ作業。若手でも辛いというこの腰を屈める作業を、楽な姿勢&効率的な作業にできるというのが、苗箱並べ機「ベルノ」。製品の使い勝手をユーザーに聞いた。

全国の育苗施設で導入が急増中!苗箱並べ機「ベルノ」で腰を曲げずにスムーズな作業を

石川県野々市市に、米文化を次世代に継承しようと、紙マルチ田植機とともに地域の田んぼを守り続ける“農Tuber”がいる。その驚きの手法をお届けしよう!

“農Tuber”が目指す! 農薬を使わない、付加価値のある米作り

「みどりの食料システム戦略」が動き始めた今、井関農機は「地球温暖化対策に向けた環境対応商品の充実」を掲げ、2023年上期新商品発表会を開催した。その中で井関農機の変革を象徴する3商品を紹介する。

井関農機が2023年新商品発表「脱炭素社会と循環型社会の実現を目指す」

バイエルクロップサイエンス株式会社は、AI で水田の雑草を診断するアプリ「MagicScout(マジックスカウト)」をリリースした。雑草の駆除方法を調べる際や記録に役立つ、アプリの活用方法とは。

水田の雑草駆除に大活躍! 無料の雑草診断アプリ「MagicScout」の魅力

コメの需要減少と、それに伴う価格下落が大きな課題となっている。コロナ禍で小売需要と外食需要に変化が見られるなか、コメの生産者はどういったマーケティング戦略、経営を考えていくべきだろうか。

コロナ禍におけるコメ需要の変化は?稲作農家が行うべきマーケティング戦略

1 2 3 4

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 福岡と愛知でも開発中! 生育データを活用したイチゴ栽培システム
  2. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...
  3. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  4. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  5. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. 割れを防いで良品率アップ! 天然保水性ポリマー「EFポリマー」がニンジンのブランド化に貢献...
  8. 多様なニーズに応える新品種イチゴ 農研機構と民間企業の共同開発に注目!...
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正