注目キーワード

「水稲」の検索結果

ユーザーが撮影した米粒写真で、玄米等級判定を行うことができるスマホアプリ「らいす」が登場! 独自のAIシステムによって等級が自動解析されるため、自分で目安を確認することができるのが特徴。作業の手間を減らしたい農家はぜひチェックしたいアプリだ。

日本初! AIで玄米等級を自動解析&ロットNoなども管理できるスマホアプリとは?

日本随一の“米どころ”である新潟県南魚沼市で、お米の高付加価値化を実現して規模を拡大している生産者がいる。そのノウハウと美味しいお米に懸ける想いをここでご紹介しよう。

無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る

スマート農業では、栽培の生産性向上や農産物の品質向上など様々な効果が謳われるが、実際に導入した場合に生産者や法人経営にどのような効果をもたらすのだろうか。今回は、秋田県の大規模稲作経営体にて行った実証研究で得られた経営効果について紹介する。

スマート農業導入による経営効果は? 大規模稲作経営体での実証研究報告レポート

シンジェンタが水稲湛水直播向けソリューション「RISOCARE®(リゾケア)」を発表した。「RISOCARE」は、日本農業が抱える農業従事者の高齢化・減少による労働力不足の対策として貢献するという。いったいどのようなサービスなのだろうか?

生産性の向上や労働力不足の対策に貢献! 注目の水稲湛水直播向けソリューション

新しい農業資材であるバイオスティミュラント(BS)には、どれ程の効果があるのだろうか? 水稲に対するBS製品の効果を知るのに最適な、夢のようなプロジェクトをレポートしよう。

最強の次世代水稲栽培へ! ドローン×バイオスティミュラント×水稲栽培の夢コラボが実現!

“水田パイプライン”用のスマート水田サービスがスタート。最小限の部品で、バルブ本体の交換工事を行わずにバルブをスマート化でき、導入コストを抑えられるという。スマート農業の実現を目指している方は必見だ。

水田の水位を遠隔操作・自動制御で徹底管理! 後付けできるスマートバルブとは

田植え時期に悩む雑草対策。水管理の難しい圃場でも安定した効果を発揮する、今年4月に発売された除草剤とは?

コレひとつで幅広い雑草に効く! 水稲農家におすすめの除草剤って?

シンプルで扱いやすく、リーズナブル。水位センサー『farmo』は、三拍子がそろったクラウド型水位確認システムだ。farmoを活用し業務の大幅な効率化を実現した、米農家・五月女文哉さんに話を聞いた。

田んぼの水位をスマホで確認! 見回り時間を大幅削減するツールとは?

井関農機株式会社が今年4月より、生育管理・診断ツールの取り扱いを開始した。これらが加わったことで、水稲作のスマート農業化はどのように進んでいくのだろうか?

井関農機が生育管理・診断ツールを取り扱い開始!スマート農業化に貢献

AIやドローンの活用によって減農薬で生産する「スマート米」に続き、新たに「スマート玄米」の販売が開始された。プロジェクトを行う「スマート農業アライアンス」への参加団体は1000件を突破。無償で先端技術を使った生産を試し販売できると、参加農家も増加中だ。

「スマート米」に続き「スマート玄米」販売開始! 参加農家も募集

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. Amazonが農業資材ストアをオープン! 数千点の資材をオンラインで購入可能に...
  2. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 雑草・病害虫の判別AIアプリが進化! 対象作物の拡大、診断履歴も地図上で可視化!...
  9. クボタと三菱マヒンドラ農機が業務提携に合意! 農業の現場は何がどう変わるの?...
  10. 農業の未来を変える!? ロボット草刈機の実力を徹底検証

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.18|¥0
2021/1/26発行

お詫びと訂正