「水稲」の検索結果

AIやドローンの活用によって減農薬で生産する「スマート米」に続き、新たに「スマート玄米」の販売が開始された。プロジェクトを行う「スマート農業アライアンス」への参加団体は1000件を突破。無償で先端技術を使った生産を試し販売できると、参加農家も増加中だ。

「スマート米」に続き「スマート玄米」販売開始! 参加農家も募集

サンプルを使った農家の3/4が「来シーズンの使用や前向きな検討をする」と回答!? いま最も注目の、ホームセンターで買える水稲用殺虫殺菌剤&肥料とは? 

リピーター多数! ホームセンターで人気の水稲用肥料&殺虫殺菌剤

水稲の育苗期のカビには、多くの農家が頭を抱えている。農研機構は「いもち病」を引き起こすカビから、イネへの感染の鍵となる「いもち病菌」の遺伝子を新たに発見した。その年の農業トピックが分かる、農水省の「2017年農業技術10大ニュース」のひとつとしても選定された、新発見とは?

イネの「いもち病」を防ぐ! 遺伝子を使った新たな防除法とは

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新春号、4/15(月)発行!
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. JAとのやり取りがスムーズに! 作業効率が上がる”営農支援システム”
  8. 普段使いもOK! この春、農家が着たい「きれいめセットアップ」
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル