注目キーワード

「花き」の検索結果

海外では、画期的なアイデアが続々と登場している。アメリカで商用販売されているのは、鮮度をのばすコンテナ。特許も取得されている画期的なソリューションだ。

アメリカで販売開始! 青果物や切花の鮮度を長期間保持できるコンテナ

農業においても一般化してきたデータ分析だが、取得したデータをどのように活用すべきか悩む生産者も多い。その悩みに応え「データ分析を活かした具体的な解決施策」を提供するウェブプラットフォームを紹介しよう。

課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス

全国の農家や漁師などの生産者と、消費者を直接繋ぐアプリ「ポケットマルシェ」では、花きの取り扱いを開始。市場価格の低迷、市場縮小に悩む花き生産者と、新型コロナウイルスの影響でおうち時間が増え、生活の彩りとして花きを求める消費者を繋げる狙いだ。

消費者と花き生産者を直接繋ぐ! アプリ「ポケットマルシェ」が花きの取扱い開始

植物が持つ人を癒す力を生活の一部として手軽に取り入れ、素敵なボタニカルライフを叶える「ありそうでなかったボタニカル専門店」、SPICE BOTANICAL SHOPをご紹介。生植物以外にも、“あったらいいな”の想いのもとデザイン・製造された、イミテーションやガーデン雑貨を取り扱っている。

人気のボタニカル専門店のハイセンスな園芸道具3選

農水省によって選出され、年間の農業トレンドを指す「2017年農業技術10大ニュース」。そのひとつとして、農研機構とサントリーによって共同開発された「青いキク」がランクインした。これまで生産が難しいとされていた青色のキクだが、どのような方法で開花を成功させたのだろうか?

花き産業がアツい! 農水省も注目の「青いキク」

完成された状態のイスを収穫する―。まるでSF小説のような話を実現させようとしている生産者がイングランドにいる。古くから伝わる技巧と現代の技術を組み合わせて生まれた、新たな生産のあり方にせまる。

完成した家具を「収穫」する!? ユニークで格好良い生産のカタチ

ヒートポンプ空調は、リーズナブルなコストで、冬場の暖房装置として、また夏には冷房装置としても活用できる。そのメリットをフル活用して、高品質なバラを周年生産する農家の事例をご紹介しよう。

低コストのヒートポンプ空調『ぐっぴーバズーカ』でバラの品質がアップ!

特集企画

アクセスランキング

  1. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」
  4. 運転をラク&作業効率UP!トラクター自動化製品まとめ【直進アシスト編】...
  5. バイオスティミュラントの最新動向と基礎知識を学べる! 協議会がセミナー開催...
  6. 農業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2022/9/25まで!
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. 足利トマト農家が一丸となり作った地域ブランド、 背景に赤熟もぎりの『王様トマト』。...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.24|¥0
2022/7/20発行

お詫びと訂正