注目キーワード

「農業機械」の検索結果

農業・林業用機械メーカー「キャニコム」、その個性的なネーミングとユーザーに寄り添い開発されたマシンの数々は、業界で革新を続けている。そんなキャニコムの果樹園の悩みに真っ向から応える草刈機とは?

リンゴ農家さんに朗報! 果樹園に特化、草刈りをもっと楽しくする乗用草刈機が誕生。

「ミニ耕うん機を活用しよう!」と聞いても、農業生産者はピンと来ないのではないだろうか? 実は、小面積での新品目の試作や家庭菜園など、案外活躍の場が広い=あると便利なのだ。ここでは三菱農業機械のミニ耕うん機を例に、便利な機能をご紹介していこう。

小面積での試作や家庭菜園に最適! ニーズに合わせて選べるミニ耕うん機 

農業ロボットと聞くと、難しい操作が必要なのではと身構えてしまう人にこの「メカロン」をご紹介しよう。シンプルな操作がポイントの、あらゆる場面で役立ってくれる「相棒ロボット」だ。

シンプルな操作で人に寄り添う。人と一緒に働く“相棒ロボット”メカロン

紹介するのは東北は宮城の水稲農家だ。米余り・米価下落が聞こえる2021年においても「過去最高益を記録しそう!」と意気盛んな、“儲かる水稲農家”であり続ける宮城の生産者を訪ねた。

やり方次第で水稲農家も儲かる! 『効率化』作業機導入で被災地から儲かる農業を提案

日本農業が生き残るために必須なのが『作業の効率化』だ。ここではとある作業機を導入して効率化を実現した、家族経営で7品目を生産する宮崎の生産者を紹介しよう。

家族経営の相棒、『ラバータイプディスクハロー』! 農業で増収するための効率化の追求

農業ソリューション事業を手掛けるクボタが2022年1月にオンラインイベント『GROUNDBREAKERSー日本農業の未来へー』を開催する。

農業を変える・楽しむためのヒントがここに! クボタのWEBイベントが開催決定!

コメにもトレーサビリティを求められるときが来ると考え、品質のデータ管理を徹底しているみなみ農園の南さん。クボタのKSAS乾燥調製システムを導入したことで、どのような効果が現れたのだろうか。

「信頼できるコメづくりを」ロット管理徹底を支える乾燥調製システム

元気な野菜を育てるためには、まずは耕うん機で空気や肥料を混ぜ込もう。しかし、耕うん機は比較的高いもの。なかなか手が出せない人は、コメリのオリジナル耕うん機を検討してみて。

畑作のカギ! お手頃価格の耕うん機でより良い土づくりを始めよう

少数精鋭で安心・安全なお米を安定的に生産している横田農場の横田さんが導入しているのは、効率的な乾燥調製を可能にするクボタのKSAS乾燥調製システム。横田さんが感じているメリットを聞いた。

コメ農家の味方! 作業効率化・品質管理にもつながる乾燥調製システム

暑くても雑草を放っておくと、農地はとんでもないことになってしまう。猛暑の中でも対応しなければいけない除草作業を、少しでも効率的に行うためのアイテムを紹介しよう。

背負型噴霧器に+ノズルで効率的な除草を実現! 暑い時期の協力な助っ人が登場だ

1 2 3 8

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 畜舎の暑熱対策に! 濡れない霧=ドライフォグシステム導入の効果を聞いた...
  10. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正