「鳥獣対策」の検索結果

次世代農業のライフ&ビジネス誌『AGRI JOURNAL(アグリジャーナル)』、最新春号が4/17(金)より全国で順次配布開始! 電子版、無料配信中!

フリーマガジン「アグリジャーナル」最新春号4/17(金)発行!

わな猟免許を持つ高校生が、実家の畑を守るために野生動物たちと格闘する漫画『罠ガール』。”高校生猟師”という変わった設定がおもしろく、リアリティも感じられると、農家の間で話題だ。

鳥獣から畑を守る高校生!? いま話題のマンガ『罠ガール』って?

畑を荒らす野生動物に困っている農家は多いだろう。今年こそ鳥獣をどうにかしたい……そんな人に向けて、試すべき最新対策アイテムを紹介しよう。

もう畑を荒らされたくない! 今年使うべき”鳥獣対策アイテム”3選

中山間地域では特に悩まされることの多い獣害。シカやイノシシを寄せ付けないよう手を尽くしているが、なかなか効果が感じられない……。そんな時にオススメなのが、このアイテムだ。

“置くだけ”でシカやイノシシが寄ってこない!? 作物を獣害から守る方法

「ウチの畑を荒らすカラスを追い払ういい方法はないだろうか」。防鳥テープにはすっかり慣れているし、爆音機は近所迷惑だ。できれば穏便に追い払いたい。そんな時、頼りになるのがこのアイテムだ!

害鳥対策にオススメ! ホームセンターで買える農家必須アイテム

農水省によると、野生鳥獣による農作物被害は深刻さを極めており、その損失額はなんと200億円にも及ぶという。近年では、被害の多い地域でICT技術を活用した鳥獣対策の導入が進んでいるが、実際の効果はどうなのか?

年間損失額は200億円。鳥獣被害の対策方法は?

農家にとって深刻な問題のひとつである鳥獣被害。ここ数年で件数は減少しているものの、狩猟者の高齢化や担い手不足により、捕獲に悩まされている自治体は多い。そこで、新たにICT技術を駆使した最新の鳥獣対策が注目を浴びている。被害の多い九州地方の2市町で行われた、実証実験による効果は?

「ICT箱罠」でイノシシを撃退! 最新の鳥獣対策とは

これまで多くの農家が鳥害に悩まされてきた。鳥は知能が高く、行動範囲も上空のため、人間の手が及びにくく対策がしづらい。だが、この問題に立ち向かうため、今までの鳥害対策とは一線を画す「鳥型ロボット」が開発された。

最新テクノロジー! 超リアルな鳥害対策ロボット登場

特集企画

アクセスランキング

  1. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. わずか1秒! 果物に当てるだけで糖度を測る「非破壊糖度計」に注目のイチゴモデル登場...
  8. 2019年絶対買い! 使いやすくてオシャレな「農業アイテム」12選
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正