道工具・資材

「これバッテリー式!?」な軽さとパワーの農機具登場

刈払機やヘッジトリマなどの農作業機器は、農林業や造園作業の効率アップに欠かせない重要なツールだ。今回は農作業機器の大手メーカー、ゼノアから発売された、従来のバッテリー型を大きく上回る性能の最新機種をご紹介する。

バッテリーの弱点を補った
軽量・ハイパワーの農機具

農林作業の効率を大幅に向上してくれる農機具。その動力源には大きく分けて、バッテリーとエンジンがある。両者を比較すると、バッテリー製品はランニングコストが安価で、燃料補充の煩わしさがない。加えて、ボタン一つで作業が開始でき、音が静かといったメリットがある。反面、バッテリー式は重い、パワー不足、1バッテリーあたりの作業時間が短いといった弱点が指摘されていた。

今回、農機具メーカーのゼノアから発売されるバッテリーシリーズは、農家や造園といった使用頻度が高いプロも満足できる仕様。軽量・バランス設計で雨天でも使用可能だ。

発売機種は、刈払機 両手ハンドル、ループ ハンドル、ヘッジトリマ、ブロワの4機種。雨天でも使える高性能バッテリー、急速充電器を採用している。全国のゼノア取扱販売店にて4月末発売開始予定。

 

刈払機 両手ハンドル:BBC250PW

 

ループ ハンドル:BTR250PL

 

ヘッジトリマ:BHT250PD60

 

 

ブロワ:BHP250P

 

バッテリー:BLi200ZR(36V 5.2Ah)

充電器:QC330ZR(BLi200ZRを30分で80%まで充電可能)

なんとも心強い新製品を、あなたも試してみては?

問い合わせ

ハスクバーナ・ゼノア株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正