生産者の取組み

高濃度トマトが大人気に! その秘密はPR戦略!?

2017年に登場し、瞬く間に売り場を拡大した「オスミックトマト」。大手スーパーマーケットを中心に販売数を増やし、消費者に支持されるための仕掛けとは?

オスミックトマトとは?

高密度生息有機培土「オスミックソイル」を使用し、安全性の高い栽培方法で作られ、一粒一粒糖度選果をした「年間平均糖度9以上」の“とにかく甘い”トマト。関東圏の大手スーパーマーケットを中心に販売中(オンラインでは「OSMICトマトジュース」も販売)。オーガニックソイルは、この「オスミックソイル」と、高機能環境制御温室ハウス「オスミックハウス」を活用した、オスミックトマト栽培のフランチャイズモデルを進めている。

緻密な戦略で新規企業と
フランチャイズ展開へ

トマト本来の旨みの強さを実現した――オーガニックソイルが独自開発した〝生きた土〞オスミックソイルと、高機能の温室ハウスで育てられた、高糖度フルーツトマト「オスミックトマト」が全国各地に輪を広げている。

同社はオフィシャルサイトやSNSの他、店頭でのPR、各種の広告やメディア、また潜在的マーケットの掘り起こしなど緻密なプロモーション戦略を立ててきた。

さらにGMSのイオングループでは、積極的な試食販売のプロモーションで週末に300パックを売り上げるという実績を築いた。関東圏の地域スーパーや東京都内の飲食・レストランに取引先を持ち、東海・関西エリアにも販路を広げる予定。大手宅配、ネットスーパー、コンビニや高級スーパーまで取引を拡大していく見込みだ。

4月上旬には飲食店、小売店向けにオスミックブランドの商品を卸価格で提供するBtoB通販サイトもオープンする。

今後も、年間を通じて安定供給できる付加価値型の農作物を開発していく。その上で、農業への新規参入を狙う企業とパートナーシップを組み、オスミック栽培のハウスを共同経営するフランチャイズモデルの展開に注力していく。現在は通年収穫できる大玉トマトとイチゴの栽培実証を進めており、こちらもフランチャイズ展開していく予定だ。

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正