「作業着(ワークウェア)」の検索結果

近年、環境への配慮を、企業にとって負担ととらえるのではなく、強みとして持続的な成長へとつなげていく差別化戦略(CSV=Creating Shared Value)をする企業が増えている。そのCSVのファッション界の代表と言ってもいいのが、パタゴニアだ。

あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは

暑くてつらい夏場の農作業を快適に! 優れたデザインと高い機能性を兼ね備えた、今夏注目のアイテムをピックアップ。

この夏ゼッタイ欲しい! 暑い日の農作業におすすめの快適アイテム4選

冬の農作業が快適になる、高機能なあったかワークウェアをピックアップ! 防寒だけでなく見た目にもこだわった、カッコいいアイテムに注目だ。

これなら毎日着たい! オシャレであったかい防寒ワークウェア

千葉県の農業団体「ベジフルファーム」と、大阪府のヘアサロン「LINE hair salon」がコラボして実現した、"農業をカッコよく"するデザインプロジェクト。先日写真が公開されたが、果たしてどんな作品に仕上がったのだろう?

元ヤン農家とヘアサロンがコラボ! 若者に農業の魅力を伝えるアイデア

異常とも言える暑さが続いている今年。そんな中で農作業を行うときには、熱中症対策も例年通りでは充分ではない。そこで今回は、注意すべきこと、おすすめの対策アイテムを紹介しよう。

熱中症対策、できていますか?酷暑下の農作業で注意するべき4つのこと

夏の農作業時にあると便利な日焼け防止マスクに、熱中症まで予防できる新型タイプが登場! 従来品にありがちな、身につけた時に感じる暑さや息苦しさを軽減しつつ、UVカット機能に加え冷却効果もプラスした、農作業を快適にするマスクとは?

熱中症予防にも効果アリ! 新型『日焼け防止マスク』

漁港用の雨具を農作業用に改良!? 雨の日の作業は気が重いもの。そんなとき、ファッションで気分をあげるのもいいかもしれない。軽くて破れにくく、そしてオシャレなレインウエアをご紹介!

梅雨時期の農作業にもピッタリの、本格派雨衣が登場!

普段使いのワークウェアも、ちょっとこだわって選びたい。不安定な天気が続くこれからの季節にも活躍するアイテムを集めた。どんな日でも、おしゃれに作業を楽しもう!

ファッションで楽しむ農業ライフ! 思わず欲しくなる「オシャレ作業着」

95年の歴史を持つ神戸発祥の老舗メーカーの熟練した職人が、1足1足丁寧に手作りするラバーブーツ。しなやかで丈夫な履き心地は、まさしく"一度履いたら手放せない"逸品だ。

極上の履き心地! 長時間でも疲れにくい農業ブーツ

屋外での作業がこたえる冬のワークウェアで外せないのが防寒機能だ。今回はそれに加え、耐久性やデザイン性に富んだ、日常でも着回しやすいアイテムをセレクト!

農業服はダサくない!センスが光る農作業着はコレだ!

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/27(月)発行!
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 世界初! 光合成をリアルタイムで計測する「光合成計測システム」は何が凄い?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正