注目キーワード

道工具・資材

失敗しない「トマトの葉かき・芽かき用ナイフ」登場

トマトの葉かき・芽かき・剪定・収穫作業で用いるハサミやナイフ、カッター。ハサミを使用すると切断面が潰れてしまい、傷口から感染症を発症することが懸念される。そんなトマト農家の悩みを解決するダンボールカッター企業の“農業用のこ”をご紹介。

農業分野での実績がない刃物メーカーが
トマト農家の生の声を聞き試作を繰り返す

トマトの古い葉の「葉かき」作業は、採光性と通気性の改善になり、病気予防や安定生産などの重要な管理作業だ。作業には主にハサミを使うことが多いのではないだろうか。

ダンボールカッター累計250万本を販売する老舗刃物メーカー「長谷川刃物株式会社」は、農業分野での実績がない刃物メーカーである。種苗メーカー「株式会社サカタのタネ」と共同で試作を繰り返し、トマト農家に直接出向き、話を聞いたことにより、ダンボール専用カッターの形状を変更した、農業専用カッター「トマトの葉カッキー」を開発。

特殊ウェーブ刃と両刃により断面を綺麗に切断でき、芽かき・葉かき時にも、切り口をつぶさず、傷口を最小限に抑えることが出来る。刃の表面にはフッ素コーティングを施しており、付着した溢泌液や水分は簡単に拭き取ることができるのも嬉しい。18段階ロックにより刃の長さを自由に調整可能。52gと軽量のため女性でも扱いやすい。

ハサミで四苦八苦しているトマト農家の方、試してみてはいかがだろうか。

問い合わせ

長谷川刃物株式会社
TEL:0575-22-1511

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正