注目キーワード

道工具・資材

重筋作業の自働化を促進! 自律走行ロボットを活用した注目のサポートサービス

自律走行ロボットを活用して、重筋作業の自働化を促進するサービス「SUPPOT(サポット)」がテストマーケティングを開始した。重量積載・不整地走行が可能なロボットによって、人手不足の解消・労働災害の防止・作業効率化を目指している。

自律走行ロボットで
企業のお悩みを解決

株式会社ソミックマネージメントホールディングスと、そのグループ会社である株式会社ソミック石川は、「SUPPOT(サポット)」サービスのテストマーケティングを開始した。
 
SUPPOTは、重量積載・不整地走行が可能な自律走行ロボットを活用し、重筋作業の自働化を促進・導入するサービス。また、週に2日エンジニア1名が導入現場に訪問し、人手不足の解消・労働災害の防止・作業効率化といった企業の経営課題解決をともに目指していく。
 



自律走行・重量物の積載
不整地の走行が可能

使用ロボットは「PF-06」で、主な特徴は次の3つ。

1.自律走行


リモコンで遠隔操作ができて、さらに作業者の後をついていくことができる。

2.重量物の積載


最大200㎏までの重量物を積載することができる。

3.不整地の走行


悪路や傾斜でも、力強い走りを実現する。

ソミック石川は、自動車部品のボールジョイント製造国内トップシェアを誇る企業。「PF-06」は、そこで培ったサスペンション機構のノウハウを生かした、走破性・汎用性の高い自動走行車台だ。
 
今回は、サービスロボットの分野において「PF-06」活用を目指してテストマーケティングを開始した。業務効率化の研究を進めている企業に向けて、共同研究やサービス提供を行う。企業の要望を聞きながら、研究開発や業務効率化を進めていく予定だ。



自律走行ロボットの
可能性を探る

テストマーケティングの予定期間は約3ヶ月。その後、自律走行ロボットの仕様をさらに絞っていき、第2段のテストマーケティングを行う予定だ。打合せはZoomなどのオンラインツールを活用して全国へ対応する。また、現在進行中の事例としては、果樹園やビニールハウス内での作業補助や、ロボット向けシャーシの共同開発等。
 
テスト料金は3ヶ月240万円(税抜)から。ロボットの直接販売ではないが、ロボットのみの提供希望の場合は要相談。基本的にはサービス提供となり、解決したい課題の難易度や、効率化の度合いによって設定される。
 

DATA

SUPPOT

 

問い合わせ

株式会社ソミックマネージメントホールディングス
株式会社ソミック石川


文:竹中唯

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目...
  4. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. 世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは...
  7. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 【農家にオススメの副収入】ソーラーシェアリングが学べるセミナー開催
  10. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正