注目キーワード

道工具・資材

【作業着とデザインのはなし】唯一無二の農園芸ウェア「ハーベスタ!ハビコル」とは?

農業におけるファッションの意義とは? その答えの一端は、作業着メーカー「ハーベスタ!ハビコル」と、デザイナーを務める岡部文彦さんの言葉にあった。

美意識を磨き
モチベーションを上げるウェア

岩手県岩泉町で広葉樹林業を学びながら、作業着メーカー「ハーベスタ!ハビコル」を運営する岡部文彦さん。オンラインインタビューの当日、岡部さんは、印半纏(しるしばんてん)を着て画面上に現れた。

「僕が暮らす岩泉町は、昔ながらの暮らしが残っている町。この町に馴染む格好がしたくて、毎日羽織っています」と話す岡部さん。

同氏は、ファッションのメリットを知り尽くし、その醍醐味を享受する人だ。「見た目に気を配るってことも、自分の気分やヤル気を高める大事な行為だと思うんですよね。誰に会わなくとも、気に入った着心地の良い衣服を身に纏っているだけで、気持ちよく過ごせますし」。 

幼少期の自然遊びから美的感覚を学んだという岡部さんの前職は、ファッションスタイリスト。メンズのファッション雑誌などで活躍するかたわら、型にとらわれないアウトドアウェアの着こなしも提案してきた、目利きのスタイリストだ。

そんな岡部さんが作業着メーカー「ハーベスタ!ハビコル」を本格始動させたのは、およそ10年前のこと。 

「2009年に農園芸を楽しむ『バリカンズ』というチームを立ち上げ、チームウェアを作ったことが、『ハーベスタ!ハビコル』が始まるきっかけになりました。チームの活動は発展しなかったのですが、作業着を作ることは面白くて続きました。

農園芸の作業着専門メーカーは存在しなかったので、他には類を見ない作業着を作る意欲が湧きましたね。副業として、作業着開発にも力を注ぐようになりました」。

メーカーの主力アイテムは、乗馬パンツをモチーフにした「ボンデッジニッカパンツ」。特徴的なのはその形で、腰回りはゆったりとしているものの、膝から下の部分はキュッとすぼまっている。

「腰回りの空間に余裕があったとしても、ふくらはぎに装備したジップアップで固定されているので、しゃがんだり立ったりという動きがスムーズにできます。ちなみに乗馬パンツは、庭師の作業着としてよく知られているズボン。丈夫なワークウェアと機能的なアウトドアウェアをミックスして出来たのが『ボンデッジニッカパンツ』です」。 

スタイリストならではのアイデアから生まれた作業着は、農業従事者からも支持されており、なかにはボロボロになるまで愛用する人もいるそう。

今後、リペアサービスの展開や農園芸用ヤッケなど新アイテムのリリースも控えている「ハーベスタ!ハビコル」。農業界でもじわじわと注目を集めるはずだ。


Pick up item

ボンデッジニッカパンツ

動きやすさや着心地も機能性であると考え、毎年改良を続けている定番のパンツ。パンクファッションをイメージした、ふくらはぎ部分に施されたジップアップを締めることで、腰回りの動きを快適にして、長靴などが履きやすくなるのが特徴。2021年モデルは色落ちしにくい日本製のデニムを使用してアップデートされた。
価格:20,900円(税込)

Harvesta!HABICOL(ハーベスタ!ハビコル)
● スタイリストならではのアイディアを反映
● ほかにはない、唯一無二のアイテム
機能的なアウトドアウェアと、実用的なワークウェアを融合した作業着を展開。サイドネームの「HABICOL(ハビコル)」には、草が「はびこる」ように、メーカーのアイテムが自然に広まってほしい、という岡部さんの願いが込められている。




文:緒方佳子

AGRI JOURNAL vol.19(2021年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. スマホで豚の体重や枝肉測定をする時代へ! 畜産コンサルのコーンテックの挑戦に迫る...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正