注目キーワード

最新技術

農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?

ハウス環境の見える化・遠隔制御が
ブランドトマト作りの強い武器!

nepon_b

<農業クラウドサービス「アグリネット」のしくみ>

 

ドロップファームが導入したのは、施設園芸機器の専門メーカー、ネポン株式会社が提供する農業クラウドサービス「アグリネット」。ハウス環境の見える化(警報・モニタリング)や遠隔制御、グループ内のコミュニケーションなどの機能で、収量・品質向上、生産ノウハウの蓄積、省エネ・省力化の取り組みをサポートしてくれる。

PC・スマホ対応で、ハウス内環境の変化の流れを数値やグラフ表示で感覚的に把握できるほか、環境異常についても警報メールでリスクを回避できる(見える化)。

また「複合環境制御」や「CO2制御」など、遠隔制御も可能。グループ内で栽培に必要な最新情報の共有やスケジュール管理など、コミュニケーション機能も充実しているのが特徴。

nepon_05

<500㎡のハウスで、高栄養・高糖度のフルーツトマト「美容トマト」を生産するドロップファーム。クリーンな環境での農作業は、オシャレも楽しむことが出来る。>

 

nepon_02

<経験が少ない従業員に栽培管理を任せられるのも、モニタリングデータがあるが故だ。>

 


ネポン株式会社 公式サイト


※「AGRI JOURNAL」Vol.01 より転載

Photo&Text:Tomoko Kotaka

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  2. 課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  9. 手押し一輪車を電動化へ! 作業負荷を軽減できる改造キット「E-cat kit」とは...
  10. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正