注目キーワード

最新技術

牛が排出するメタンガスを1/85まで削減可能! イギリス発のウェアラブル端末とは?

牛の口や鼻孔から排出されるメタンガスは、二酸化炭素に比べて25倍の温室効果がある。イギリスでは欧米での実用化を目指し、メタンガスを二酸化炭素と水蒸気に分離する「牛用花輪型ウェアラブル端末」が開発されている。

メタンガスの環境負荷を軽減
牛用鼻輪型ウェアラブル端末

牛の口や鼻孔から排出されるメタンガスは、二酸化炭素に比べて25倍の温室効果がある。英国で開発されたゼルプは牛の呼気に含まれるメタンガスを検知し、酸化により二酸化炭素と水蒸気に分離する鼻輪型ウェアラブル端末だ。
 

 
一般的な頭絡や首輪と同様、牛に簡単に取り付けることができ、充電せずに約5年間使用し続けることが可能。牛が排出するメタンガスの環境負荷を85分の1に軽減できる。
 
また、牛の位置情報や健康状態などを常時モニタリングでき、収集したデータを疾病の早期発見や飼料給与の最適化に活用できるのも利点だ。これまでに英国とアルゼンチンで実証実験を実施。欧米での実用化を目指し、さらなる改良をすすめている。

©ZELP Ltd.




文: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.15(2020年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 【検証レポート】本当に石の飛散が少ないのか? 噂のバッテリー式「T字型バリカン」草刈機を体験!...
  2. 【散布レシピ公開】ドローンの自動航行で、柑橘の農薬通年散布を実現!
  3. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」
  8. やり方次第で水稲農家も儲かる! 『効率化』作業機導入で被災地から儲かる農業を提案...
  9. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正