注目キーワード

「ハウス資材」の検索結果

「モダンで洗練された農園」にとって、栽培機能の骨格を成すハウスは最も重要な舞台装置だ。そこに採用されたのは「間口6m×奥行き6m×軒高5m」という栽培の自由度を重視したプロ仕様のハウスだった。

トマト一筋18年、トマトのプロが選んだ6×6ハウスの実力

昨年より販売を開始した、ジャパンマグネットの農業用育成用LEDライト。高性能と低価格を両立し、早くも注文が殺到しているという。実際に導入している農家は、どのような効果を感じているのだろうか。

いま注目の「植物育成用LED」の人気の秘密とは? 導入農家の声を聞く

水耕栽培と養殖を掛け合わせた、次世代の循環型農業アクアポニックス。その生産設備をパッケージ化し、導入をより簡単にした農場『アクポ二ハウス』の提供が開始された。

魚のフンが肥料に!? 循環型農法「アクアポニックス」をパッケージ化した次世代農場

圧倒的な低価格と確かな設計技術で、農業用ハウスに革命を起こしたタカミヤが、2021年に大小2つの注目すべき新商品をリリースした。共に施設園芸の大敵である“影”を減らし、採光性を上げるための工夫が凝らされている。

農業用ハウスの大敵である“影”を減らす! 大小2つの新たな低コスト耐候性ハウス

アキレスと聞けば、多くの農業生産者は“農ビ”を思い浮かべるだろう。だが、アキレスの魅力的な製品は“農ビ”だけではない。日本農業に長らく貢献しているアキレスが現在と未来に向けて開発した製品を紹介しよう。

作業効率化と暑さ対策にはこれだ! 「日本農業の今と未来」を支えるアキレスの2製品

圃場に吊り下げるだけで、ハチの出巣・定着を促すことができる「カモンビービー」。どんな仕組みなのだろうか?

吊り下げるだけ! ハチが大好きな香りで出巣・定着を促す新ツールとは?

JPPがソーラシェアリングなど農業関連設備の新製品をリリースした。鉄骨+ポリカながらも低価格な農業用ハウス『がっちりHOUSE 5』により、農業界からの注目を一身に集めたJPP。新たな“価格破壊な農業関連設備”とはどのようなものか? ソーラーシェアリングの課題などをクリアした営農の強い味方を詳しく見ていこう!

5分で組み立て可能な植物工場に、低価格なソーラーシェアリングも……!? 営農の強い味方となる新製品とは

イチゴ栽培に欠かすことのできないビニールハウス。理想と予算のバランスを考えながら、目的に合ったビニールハウスを設置するための取捨選択を行おう。いちご栽培の専門家による連載第3弾の後編。

〈基礎知識〉いちご栽培に向いたハウスとは? いちご栽培専門家がメリット・デメリットを明快に解説

イチゴ栽培に欠かすことのできないビニールハウス。理想と予算のバランスを考えながら、目的に合ったビニールハウスを設置するための取捨選択を行おう。いちご栽培の専門家による連載第3弾の前編。

〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法

鉄骨ポリカハウス『がっちりHOUSE5』で知られる日本パワープラントが、スマート農機の販売代理業を開始したことは以前に紹介した。今回は実際の使用感について、話を聞いた。

人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. 畜舎の暑熱対策に! 濡れない霧=ドライフォグシステム導入の効果を聞いた...
  10. 今話題の「NFT」は、農業をどう変えていくのか?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正