注目キーワード

「ハウス資材」の検索結果

高温期のハウス栽培には欠かせない遮光資材。これまではコストや作業効率に問題が多かったが、それらを解決する画期的な製品が登場した。それが吹付式遮光資材「ホワイトクール」である。

ハウスの高温対策に! 炭酸カルシウムのパイオニア企業が生み出した遮光資材

本場栃木でイチゴ農家を営む若き農園主が出会ったのは、イチゴ栽培の可能性を広げる最新のハウス用遮熱資材だった。遮熱材を使うことで、イチゴに起こった変化、そしてイチゴ生産に生じたプラスの効果とは? 農家が実際に体験した遮熱材モニターの様子をレポートする。

イチゴの春季以降の品質向上に挑戦! 若き農園主が体験した、作物にやさしいハウスの遮熱資材

ビニールハウスへの遮光剤の吹き付けは、時間と手間が掛かるうえ、危険もともなう作業だ。そんな遮光剤の吹き付けを、たった10分程で安全に行える新資材がアキレスから発売された。

ハウスの遮光はドローンで吹き付ける時代へ! 便利・安全『ファインシェードスカイ』

「モダンで洗練された農園」にとって、栽培機能の骨格を成すハウスは最も重要な舞台装置だ。そこに採用されたのは「間口6m×奥行き6m×軒高5m」という栽培の自由度を重視したプロ仕様のハウスだった。

トマト一筋18年、トマトのプロが選んだ6×6ハウスの実力

昨年より販売を開始した、ジャパンマグネットの農業用育成用LEDライト。高性能と低価格を両立し、早くも注文が殺到しているという。実際に導入している農家は、どのような効果を感じているのだろうか。

いま注目の「植物育成用LED」の人気の秘密とは? 導入農家の声を聞く

水耕栽培と養殖を掛け合わせた、次世代の循環型農業アクアポニックス。その生産設備をパッケージ化し、導入をより簡単にした農場『アクポ二ハウス』の提供が開始された。

魚のフンが肥料に!? 循環型農法「アクアポニックス」をパッケージ化した次世代農場

圧倒的な低価格と確かな設計技術で、農業用ハウスに革命を起こしたタカミヤが、2021年に大小2つの注目すべき新商品をリリースした。共に施設園芸の大敵である“影”を減らし、採光性を上げるための工夫が凝らされている。

農業用ハウスの大敵である“影”を減らす! 大小2つの新たな低コスト耐候性ハウス

アキレスと聞けば、多くの農業生産者は“農ビ”を思い浮かべるだろう。だが、アキレスの魅力的な製品は“農ビ”だけではない。日本農業に長らく貢献しているアキレスが現在と未来に向けて開発した製品を紹介しよう。

作業効率化と暑さ対策にはこれだ! 「日本農業の今と未来」を支えるアキレスの2製品

圃場に吊り下げるだけで、ハチの出巣・定着を促すことができる「カモンビービー」。どんな仕組みなのだろうか?

吊り下げるだけ! ハチが大好きな香りで出巣・定着を促す新ツールとは?

JPPがソーラシェアリングなど農業関連設備の新製品をリリースした。鉄骨+ポリカながらも低価格な農業用ハウス『がっちりHOUSE 5』により、農業界からの注目を一身に集めたJPP。新たな“価格破壊な農業関連設備”とはどのようなものか? ソーラーシェアリングの課題などをクリアした営農の強い味方を詳しく見ていこう!

5分で組み立て可能な植物工場に、低価格なソーラーシェアリングも……!? 営農の強い味方となる新製品とは

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正