注目キーワード

「作業着(ワークウェア)」の検索結果

脱炭素社会の実現に向けて、農地の炭素貯留に注目が集まっている。中でも土壌環境を壊さない不耕起栽培はCO2削減効果の期待が高い。豊かな生態系を作り出すことで生命力の強い野菜を育む、不耕起栽培の実践者を訪ねた。

不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み

体の直接冷却は、厳しい暑さから逃れる方法の一つ。山善の「水冷式ウエア DIRECT COOL」なら、農作業中の体をスムーズにクールダウンできる。

真夏の暑さ対策に! 「冷たさ」が肌にダイレクトに届く、進化した水冷式ウエア

過酷な環境で働く一次産業のワーカーたちにとって、丈夫で快適なウェアは必須。アウトドア衣料品のグローバル企業、パタゴニアから登場する、着る人や環境の課題解決に繋がるワークウェアとは?

着る人にも環境にも配慮。『産業用ヘンプ』を使用したワークウェアに注目!

作業中の気分を上げるファッションアイテムをお届けする。機能だけじゃない。つくられたストーリーにも注目したい、2022年ワーカーウェア6選!

ワーカーウェア6選! 機能はもちろん、こだわりの素材やデザインに注目!

農作業も楽しい気持ちで取り組める、モンクワ×キティちゃんのコラボアイテムがかわいすぎる! また、ポップなグリーンに空調ファン・バッテリーが付いた、夏におすすめの女性向けパーカーやベストにも注目。

ファッションで楽しむ農業ライフ! モンクワのパーカーやもんぺが可愛すぎる

「自分らしく、生き生きとありたい」というのは、働く女性の普遍的な願い。こうした願いに寄り添うのが、ワークウェアブランドの「RASHIKI」だ。農業女子にもオススメなアイテムが展開されている。

【作業着とデザインのはなし】農業女子のオシャレ欲を満たすウェア「エプロンドレス」

農業におけるファッションの意義とは? その答えの一端は、作業着メーカー「ハーベスタ!ハビコル」と、デザイナーを務める岡部文彦さんの言葉にあった。

【作業着とデザインのはなし】唯一無二の農園芸ウェア「ハーベスタ!ハビコル」とは?

岡山地方新農業経営者クラブ連絡協議会は、県内アパレルブランドメーカー「Johnbull(ジョンブル)」とコラボレーションした多機能エプロンを開発。2021年1月19日に取組発表会を行った。

岡山県の若手農業者とアパレルメーカーがコラボ! 作業効率を上げるエプロンが誕生

アグリジャーナル新企画・第1回『AGRI COLLECTION』を開催! 今回は応募いただいたなかから、受賞5作品をご紹介。みなさま、たくさんのご参加をありがとうございました!

〈結果発表〉農家さんの『こだわり』ウェアが大集合! #あぐこれで見つけた編集部厳選5コーデ

ワークウェアでやはり譲れないのは機能性とデザイン性。ということで、アグリジャーナルでも馴染みのあるブランドの中から、いま注目のアイテムをご紹介しよう。

機能性&デザイン性は譲れない! 編集部おすすめのいま着たいワークウェア5選

1 2 3 5

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. スマホで豚の体重や枝肉測定をする時代へ! 畜産コンサルのコーンテックの挑戦に迫る...
  10. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正