注目キーワード

「農業ロボット」の検索結果

日本においては、農業就業人口の減少や農業者の高齢化により、農業の労働力不足が深刻な問題となっている。そんな中、アグリテック先進国のイスラエルではトマトを収穫するロボットを開発し注目を集めている。

スマート化が進む施設園芸、イスラエルでトマト収穫ロボットが登場

テクノロジーとノウハウを駆使して、農業に参加することができる、地域課題に挑む新サービスの開発が進められている。

【遠隔地からロボットで農業体験!?】 最新技術を活かした農業×福祉の現場

スマートトラクターにおいて、中小規模の生産者に注目して欲しいのが直進アシスト機能。誰が運転してもトラクターが真っ直ぐ走ってくれるから、軽労化や、作業効率向上に寄与してくれる。価格も比較的リーズナブルだから手が出しやすいはずだ。

運転をラク&作業効率UP!トラクター自動化製品まとめ【直進アシスト編】

クボタが有人監視下での無人自動運転作業(耕うん、代かき)が可能な「アグリロボトラクタ」を業界に先駆けてモニター販売したのが2017年のこと。あれから5年、業界をあげて、自動運転機能を搭載した商品が各社から市販されている。

憧れの自動運転!トラクター自動化製品まとめ 【スマートトラクター編】

アメリカで「土壌サンプル採集ロボット」が開発された。精度向上&効率化を実現する、最先端技術を見ていこう。

作業時間は半減・採取エラーは10%軽減! アメリカ発の土壌サンプル採集ロボット

組み立てて取り付けることで、なんでもすぐに移動ロボット化させることができる電動クローラユニットに注目が集まっている。このユニットを用いて開発され、実際に農地で活躍しているロボットをご紹介しよう。

農地での作業負担軽減や効率化に! 電動クローラユニットで移動ロボット開発が加速

農業ロボットと聞くと、難しい操作が必要なのではと身構えてしまう人にこの「メカロン」をご紹介しよう。シンプルな操作がポイントの、あらゆる場面で役立ってくれる「相棒ロボット」だ。

シンプルな操作で人に寄り添う。人と一緒に働く“相棒ロボット”メカロン

農業におけるDX化といえば、ハウスの環境制御、自動水やりなどがある。イギリスではレタスを自動で収穫するロボットの開発が始まり、また一つ農作業が自動化されることになりそうだ。

レタスの収穫を自動化するロボットが登場。農作業がまたひとつDX化へ

経営規模を拡大するほど増えるのが畦畔の草刈り。農家の負担になっていたその草刈りをロボットに任せられる日が近づいてきた。長野県信濃町で動き始めたプロジェクトを見る。

畦畔の草刈りはロボットにお任せ!長野県信濃町で実装実験

埼玉県の農業生産法人が主導して『キャベツ搬送ロボット』を開発した、という驚きのニュースが流れた。そこでアグリジャーナルでは、開発担当メーカーにインタビュー。市販化や他品目への利用の可能性を聞いた。

農業法人が「キャベツ搬送ロボット」を開発! その能力と実用化の可能性とは

1 2 3 4 6

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 青果市況情報を無料アプリでチェック! 卸値価格の分析で販路開拓・売上向上へ...
  2. 病害虫を特定!農薬検索・購入までできる診断アプリ「エクスペスツ」体験レポート...
  3. LEDの赤い光でアザミウマが1/10に!ピーマンで効果を実感
  4. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  5. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  6. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 手強い雑草を制しつつ、環境にも優しい? “二刀流”の除草剤を使いこなせ!...
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 【植物工場ビジネスの最新動向と課題】現状は赤字が約半数。エネルギー削減の取り組み進む...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.32|¥0
2024/07/19発行

お詫びと訂正