注目キーワード

「農業ロボット」の検索結果

農家の働き方を改善してくれる、今年注目のAIシステム&ロボットをご紹介! 最新技術を活用すれば、農業の未来が大きく変わりそうだ。

“完全自動化農場”も……!? 国内外の最新「AIシステム&ロボット」9選

スウェーデンに本社を構えるハスクバーナは、325年の歴史を誇る老舗メーカーで、1995年に世界初の「ロボット芝刈機」を発売した。現在も世界で最も売れている「Automower(オートモア)」シリーズに、普及モデルを新たに投入し、販路拡大を狙う。

自動で芝を刈ってくれる「ロボット芝刈機」に低価格モデルが登場!

現在、アメリカではキイチゴ類の受粉を自動化できるロボットを開発中だ。コンピューター制御により花の状態を検知し、受粉期が来た花のみロボットが受粉作業を行ってくれるという。

キイチゴ類の受粉を自動化! 「受粉ロボット」がアメリカで開発中

GPECの「ロボット農機」に関するセミナーでは、キャベツの自動収穫機の研究開発についての発表があった。ディープラーニングやレーザーなどの最新技術を駆使して、実際に現場で使えるようコストダウンにも取り組んでいる。

最新技術でコストダウンに挑む「キャベツ自動収穫機」

次世代の雑草対策として注目の「農薬散布ドローン」や「除草ロボット」。スイスでは現在、一風変わった除草ロボットが開発されている。卓上のソーラーパネルにより自家発電し、除草剤の量を1/20まで減らしてくれるという、農家にも環境にも優しいロボットだ。

見た目が斬新すぎる! バッテリー要らずでエコな「除草ロボット」

複数企業間の連携で、アグリテックは加速していく。全国各地で進むプロジェクトから、注目の取り組みをピックアップ! ここからどんなサービスや製品が生まれるのか? 8つの取り組みを2回に分けてご紹介する(前編)。

収穫ロボットや農機の開発も!? 今注目したい「最新アグリテック」

2本のアームを、ヒトの腕のように使い分けるカリフラワー収穫ロボットがイギリスで開発された。3年以内の実用化が期待される、最新技術をご紹介。

まるでヒトの腕! 様々なタスクをこなす収穫ロボット

農業機械の分野で初めて、複数の小型ロボットを応用するシステム「MARS」。軽量で昼夜も問わず稼働することができるというロボットを紹介しよう。

ロボットの群れが自動で条播き!? 最新システムとは

これまで多くの農家が鳥害に悩まされてきた。鳥は知能が高く、行動範囲も上空のため、人間の手が及びにくく対策がしづらい。だが、この問題に立ち向かうため、今までの鳥害対策とは一線を画す「鳥型ロボット」が開発された。

最新テクノロジー! 超リアルな鳥害対策ロボット登場

ここまできたか!高性能ロボット農機具が農作業を強力サポート!アタッチメント交換でユーザーに合わせた機能を持たせたり、病害リスクの予測をしたり、無人で作業を行うトラクタなど。頼りになる最新のロボット農機具をご紹介。

多機能・無人・見える化!最新高性能ロボット農器具

1 2 3 4 5

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正