注目キーワード

「農業機械」の検索結果

株式会社イーエムアイ・ラボは、除草剤を散布する小型無人ボートの販売を開始した。操縦の複雑さは無く、小回りがきいて軽量であるため、水田における除草剤の散布を、手軽に行うことができる。

除草剤散布を手軽に! 水田での作業負担を減らす農業用小型無人ボートとは?

三菱マヒンドラ農機より、作業機「ラバータイプディスクハロー」3機種を発売する。特徴としては、畑だけでなく水田でも耕起作業ができて、従来に比べて短時間で広い面積を耕起し、土壌での複合作業も一度に行うことができる。

複合作業により時間短縮と作業効率化を実現! 畑はもちろん水田にも使用可能な耕起作業機

いままで自分のクルマには取り付けできないと思っていた方にも朗報。ありとあらゆるクルマにカンタンに取り付けられる、ドライブレコーダーが発売した。

取り付けの手間が不要! あらゆる車に対応したマグネットタイプのドライブレコーダー

「草と共に生きる」をコンセプトに掲げるオーレックの自走式草刈機は、「草生栽培」を行う農家をサポートするために開発された。今回は、いま改めて注目されるその草生栽培の基礎について、専門家に話を聞いた。

持続可能な農業が求められている! 世界から注目される“草生栽培”とは?

「農機のメンテナンスは自分で……」という方も少なくないはず。その心意気は良いのだが、農閑期にプロのメンテナンスを受けることをお奨めしたい。今回は、三菱農機のサービス工場にお邪魔して、プロによるメンテナンスの重要性についてお伺いした。

農閑期にこそプロによるメンテナンス! 農機のロングライフ&作業効率アップの新習慣を

産業用小型無人ボートが、UAV(無人航空機)分野初となる2019年グッドデザイン賞を受賞した。水田での除草剤散布の相棒として、今後ますます注目されそうだ。

除草剤の散布を効率化! 小型無人ボート『TB02』がグッドデザイン賞を受賞

軽さや静かさなどの強みはそのままに、パワフルかつ、長時間の利用が可能となったSTIHLのバッテリーツール。今回はブロワーとヘッジトリマーを体験レポート! 体験中に何度も実感した「作業のラクさ」を可能にしたSTIHL製品のこだわりとは?

<体験レポート>レンタルサービスも! STIHLのバッテリーツールを試してみた

持続可能な農業に向けて大きく舵を切ったフランス。有名シャトーのぶどう畑では、Made in Japanブランドの小型乗用草刈機が愛用されている。

あの有名シャトーの農園でも使用! 日本製の乗用草刈機はなぜ人気なのか?

バッテリー式製品の永遠のテーマであった「パワー不足とバッテリー容量の心配」が遂に終わりを迎える…? エンジン式と遜色のないパワフルさで、長時間使えるバッテリーツールがSTIHLから登場。その使い心地をレポートする!

<体験レポート>バッテリー式刈払機&チェンソーは果樹園でも使える?

日本の4大総合農機メーカーの一つとして知られている三菱マヒンドラ農機。マヒンドラ&マヒンドラ社(印)と戦略的協業を発表して更なる成長を期す同社の新入社員研修の様子を覗いてみよう。

新入社員をワクワクさせる!? 三菱マヒンドラ農機の社員研修に潜入!

1 2 3 4 5 6 8

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正