注目キーワード

「農業機械」の検索結果

離農による農地面積の拡大や深刻な人手不足を解決すべく、ヤンマー株式会社が最新技術を駆使して開発した新型コンバインの魅力に迫る。

業界初!収穫効率を上げる「自動ロス制御」コンバイン

健康志向の女性を中心に近年人気急上昇中のもち麦。広島県の農業法人(株)トペコおばらでは、新品種「キラリモチ」の生産・直販が好評だ。成功の影には、2017年3月に導入した精麦機の存在があった。

「もち麦ごはん」ブーム コッソリ教える農家の秘密

地域で出る農業残渣を安価な燃料として使える、バイオマスボイラーが登場。もみ殻や豚糞であれば燃料代0円ということも!ランニングコスト削減に効果的な商品を紹介。

ボイラーの選び方次第で、燃料代が1/3になる?

圃場の「見回り省力化」と「生産性向上」を大きくサポートしてくれるITセンサーが続々登場。2017年春発売予定の「MIHARAS(ミハラス)」が現在予約受付中だ。

広エリアの監視もおまかせ! ITセンサー「ミハラス」

IoTを活用した現場の「見える化」により、農作業時のリスクを軽減するウェアラブルアイテムが登場した。スマートウォッチのような見た目がファッショナブルな、農作業時に活躍する最先端のアイテムだ。

見た目はスマートウォッチ? 農作業者を守るIoTアイテム

余計な力を入れなくても簡単に操作できると人気のHondaの小型耕うん機「プチなFG201」。モデルチェンジにより使いやすさが大幅にアップしたが、注目の新設計とは?

家庭菜園にも使用可能! 操作も手軽で使いやすい「小型耕うん機」

大地を縦横無尽に駆け巡るタフネス。排気ガスを出さず電気で走るエコなバイク。しかも見た目がかっこいい! こんな三拍子揃った農業用バイクが存在する。ニュージーランドのUBCO社が製作した「UBCO2×2」だ。

タフでエコな農業用バイクが100台限定で発売するらしい

ハウス警報モニタリングを中心とした農業クラウド「アグリネット」。ハウス環境を徹底的に見える化し、収益UPに貢献。視認性と直感的操作性が向上して、さらに使いやすくなった。

ハウスの環境をモニタリング! 農家にオススメの「アグリネット」

農業IT活用のなかでも、「安価」で「簡単」に導入できる「みどりクラウド」。センサーボックスを設置するだけで計測データを収集でき、生産技術が向上する温室内環境隔離モニタリングシステムだ。

10万円以下で導入可能! クラウド型農業生産管理システム

1 3 4 5

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  3. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  4. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/14(水)発行!
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正