道工具・資材

【編集部厳選】いま話題の「バイオスティミュラント」って何? 基礎知識と効果まとめ

近年注目を浴びている"バイオスティミュラント"。名前は知っていても、具体的にどんな効果があるのか知らない人も多いだろう。そこで今回、アグリジャーナル編集部ではゼロから基礎知識を大特集! これを読めば、あなたもバイオスティミュラントマスターになれる……!

「バイオスティミュラントって何?」という方はこの記事!

新しい農業資材「バイオスティミュラント」って何? 肥料や農薬との違いを解説

2019年7月、日本バイオスティミュラント協議会による第2回講演会が行われた。

最近にわかに聞かれるようになった「バイオスティミュラント」とは一体何なのか。また、日本でどのように普及しているのか。

講演会で語られた内容から、バイオスティミュラントの今後の展望や効果について触れながら説明していく。

 

「植物への効果の仕組みを知りたい」ならこの記事!

話題の「バイオスティミュラント」の効果は? 霜害から守る製品も!

植物に対する「非生物的ストレス」を制御することで、気候や土壌のコンディションに起因する植物のダメージを軽減。結果、健全な植物を提供する新しい資材のカテゴリ、バイオスティミュラント。

バイオスティミュラント協議会が発足したばかりの日本だが、実は長年に渡り販売が続けられている製品が存在する。

 

「植物の本来の生産能力をフルに発揮させたい」ならこの記事!

栃木の老舗農家に聞いた! 美味しいイチゴ作りの秘訣は「基礎技術を大切にすること」

確実に収量を確保するために、マイナスを大きく減らす必要がある。そこで役に立つのがバイオスティミュラントだ。

“イチゴ王国”栃木で、50年に渡ってイチゴを生産している老舗農家の谷中農園。ここでは基礎技術を大切にする同園を陰から支える名脇役をご紹介しよう。

 

「バイオスティミュラント製品の効果を知りたい」ならこの記事!

台風被害に遭ったブロッコリーが復活! バイオスティミュラントはどれくらい凄い?

バイオスティミュラントはどのような効果を生んでいるのか?製品を使いこなしている農家を訪ね、その使用方法や実際の効果などを聞いてみた。

ゼロから学ぶバイオスティミュラント基礎講座『アヅ・リキッド』編。

 

「短期間で土壌改良したい」ならこの記事!

10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは

高度に環境を制御すれば一時的に収量は増えるが、それは長くは続かない。やがて地力が落ち、病害が酷くなり、収量が安定しなくなる。では、地力を上げながら、しっかりと働く根を作り、ストレスに強い作物を育てるためにはどうすればいいのか。

ゼロから学ぶバイオスティミュラント基礎講座『地力の素』編。

 

「品質の向上や農薬削減したい」ならこの記事!

植物の免疫力と鉄吸収力を高める! “ビール酵母”がベースのバイオスティミュラントの実力とは

多くの皆さんが大好きに違いないアサヒビール。その製造工程で生じるビール酵母をベースにしたバイオスティミュラント製品が今、にわかに注目を集めている。

収穫量が増加するメカニズムと、それ以外の様々な効果を詳しく解説。

ゼロから学ぶバイオスティミュラント基礎講座『セルエナジー』編。

 

「バイオスティミュラントのこれからを知りたい」ならこの記事!

国際的に必要性の高いバイオスティミュラントって? 生産者にとっての“次の一手”になる

今まさに国際的に脚光を浴び始めたバイオスティミュラント。一方で、まだバイオスティミュラントの必要性を感じない人も多くいるだろう。

そこで、「何故、今バイオスティミュラントが必要なのか?」という理由や将来展望などを日本バイオスティミュラント協議会の事務局長を務めるアリスタライフサイエンス株式会社の須藤修さんに伺った。

 

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正