再エネ・最新技術

極寒地域でも地産地消! 温室で育てた野菜を直販するネットスーパー

先駆的なモデルとして知られる、カナダで創設された「ルーファー」をご存じだろうか。ビルの屋上に温室を設置して年中安定的に葉野菜を生産し、収穫した野菜を定期購入形式で消費者に直販しているネットスーパーだ。

カナダ

2009年にカナダのモントリオールで創設された「ルーファー」は都市型農業の先駆的存在だ。2011年には、モントリオール市内のビルの屋上にガラス温室を建設し、野菜の栽培を開始。現在、モントリオールとその近郊にガラス温室を3棟設置し、葉野菜やキュウリ、パプリカなど、様々な作物を一年中、水耕栽培している。



収穫した農作物は公式ネットスーパーを通じて地元の消費者に直接販売。消費者は毎週、ネットスーパーで欲しい食材を注文し、「ルーファー」が指定する引き渡しスポットに出向いて受け取るか、配送料を支払って自宅に配達してもらう流れだ。「ルーファー」は極寒地域で地産地消を実現した事例として注目されている。


TEXT:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.12(2019年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/27(月)発行!
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 世界初! 光合成をリアルタイムで計測する「光合成計測システム」は何が凄い?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正