政策・マーケット

農業の「働き方改革」でクリアすべき3つのステージは?

ステージ2「働きやすい」
「やりがいがある」職場を作る

清潔で快適、安全な職場を

まずは、清掃や書類の整理など、今できる小さなことから一つ一つ改善に取り組んでいこう。女性が働きやすいトイレや更衣室の設置、夏の熱中症対策なども有効だ。

労働法を理解、その上での工夫を

人を雇うときに必要なのは、まず基本的な労働法等を理解すること。その上で、給与体系を明確にする、農業の特性を活かして労働時間を短縮する、休みを取りやすくする、など「働きやすい」環境づくりを進めていこう。また、「やりがいがある」と感じられるためには、経営理念や、担当してもらう業務とその意義を説明することも重要だ。業務内容のマニュアル化、作業の進行状況の共有なども、労働時間を短縮できることにつながる。

作業を平準化する

年間の作業を平準化することによって、正社員として通年で雇用でき、所得が確保される。冬や雨の日でもできる作業リストや年間カレンダーを作成することで、仕事の内容を柔軟に組み立てられる農業の特性を活かして工夫することができる。子育てや副業などで短時間勤務や農閑期の休職を希望する人材にも対応できるような、柔軟な環境づくりにも取り組めれば可能性は広がるだろう。

意見を言いやすい環境や、公平な評価制度を作る

経営者として、従業員に対する使用者責任を自覚し、従業員が意見を言いやすい環境、意見を改善に反映する仕組みを作る。また、従業員を公平に評価できる仕組みを作ることで、従業員の意識も変わっていく。

 

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場
  3. 野菜が持っている力を最大限に引き出す! “畑まるごと堆肥化農法”とは?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/8(火)発行!
  6. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル