注目キーワード

生産者の取組み

これからの新しい農業の形「CSA」ってなに?

作物の地産地消から
エネルギーの地産地消へ

現在はCSAの仕組みをさらに進化させるためのプロジェクトが進行中で、地域の小学生とともに50年ぶりに日本産のキザキノナタネを栽培し、「村の油」を復活させている「菜種油プロジェクト」も順調で昨年は600ℓの油を絞り瓶詰め販売に結びつけた。

また、「エネルギーと農の地産地消」をテーマに太陽光発電事業者・大学教授などと連携した太陽光・風車・ヒートポンプ、そして薪ストーブなどを活用したオフグリッド化についても昨年10月に動き始めたばかりだ。

%ef%bd%93%ef%bd%8a_csa20161026_03


取材・文/松浦良樹

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. ドローンに免許制度が導入される! 航空法改正で農業ドローンはどうなる?...
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  8. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. 農業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2021/6/30まで!

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.19|¥0
2021/4/15発行

お詫びと訂正