生産者の取組み

これからの新しい農業の形「CSA」ってなに?

作物の地産地消から
エネルギーの地産地消へ

現在はCSAの仕組みをさらに進化させるためのプロジェクトが進行中で、地域の小学生とともに50年ぶりに日本産のキザキノナタネを栽培し、「村の油」を復活させている「菜種油プロジェクト」も順調で昨年は600ℓの油を絞り瓶詰め販売に結びつけた。

また、「エネルギーと農の地産地消」をテーマに太陽光発電事業者・大学教授などと連携した太陽光・風車・ヒートポンプ、そして薪ストーブなどを活用したオフグリッド化についても昨年10月に動き始めたばかりだ。

%ef%bd%93%ef%bd%8a_csa20161026_03


取材・文/松浦良樹

12

関連記事

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新春号、4/15(月)発行!
  5. JAとのやり取りがスムーズに! 作業効率が上がる”営農支援システム”
  6. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル