注目キーワード

「地域活性化」の検索結果

埼玉県の農業生産法人が主導して『キャベツ搬送ロボット』を開発した、という驚きのニュースが流れた。そこでアグリジャーナルでは、開発担当メーカーにインタビュー。市販化や他品目への利用の可能性を聞いた。

農業法人が「キャベツ搬送ロボット」を開発! その能力と実用化の可能性とは

ここから新しい何かが始まるのではないか?そんな期待を抱かせてくれる新施設が誕生する。それが埼玉県春日部市に2022年にオープンする未来型総合農業&ロボティクス研究所『春日部みどりのPARK』だ。

未来の農業がここから始まる! 農業&ロボティクス研究所がオープン

DXにより、人は時間と場所の制約から解放され、どこにいても社会に参加できる。データでつながる農業DXがもたらす、都市農村交流の新たな動きとは。最新事例を紹介しよう。

地域活性につながる! 農業DXを活用した都市農村交流の新たな動き

農業人口の減少や高齢化をはじめ、問題が山積する農業界。今回スポットを当てる若き実業家、樋泉侑弥さんは、まるで“一筋の光”のように、農業界に希望をもたらす存在だ。

新規就農への壁・低賃金・イメージに立ち向かう! 23歳実業家が起こす新しい風

農林水産省は2月、令和2年度の「世界農業遺産」の認定申請承認、および「日本農業遺産」の認定を行う地域を発表。また、3月には認定証授与式を行った。美しい景観と長く続く農業の知恵・工夫の数々を紹介していこう。

世界農業遺産・日本農業遺産に認定へ! 世界的に重要な農林水産業を営む10地域

ハウス内環境を見える化している生産者は少なくない。しかしここで紹介するのは、優れた生産者のハウス内環境データを仲間同士で共有することで地域の農業を盛り上げよう、という珍しい取り組みだ。

データ共有で地域農業の生産性向上へ! ハウス内環境の測定・制御を低コストで実現した「e-minori」って?

不登校学生を中心とした子ども達とともに耕作放棄地を復活させること、また農業を子ども達の将来の職業の選択肢に入れてもらうことを目指し、若手農家がクラウドファンディングを開始した。

耕作放棄地を再生し、若者の新規就農を増やしたい! 若手農家が行う注目のプロジェクト

ハウス内環境を見える化して、そのデータを仲間で共有することで地域全体の収量を上げ、農業を盛り上げようと、JA福岡市いちご部会に所属する若手イチゴ農家で行われている取組み。気になる「見える化」の効果とは?

データ共有で収量アップ&地域農業の活性化! 話題のハウス内環境制御システムの実力は?

直売所やカフェ、農場イベント、移動販売の運営を手がけるほか、農場、養鶏場ともに「JGAP」を取得するなど、先進的な取り組みを続ける「社会福祉法人 こころん」。地域との結びつきのなかで辿って来た、これまでの歩みを聞いた。

農福連携で事業を拡大し、地域に新たな価値を! 地域課題を次々と解決する“福祉”の力

日本ではあまり馴染みの無い「青パパイヤ」を生産する「オラ ソル アシエンダ」。消費者に青パパイヤの魅力を伝えるために行っていることとは?

青パパイヤ栽培を通じて消費者に魅力発信! 地域活性化にも貢献する農園の取り組みとは

1 2 3 7

特集企画

アクセスランキング

  1. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/20(木)発行!
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 畦畔の草刈りはロボットにお任せ!長野県信濃町で実装実験
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.22|¥0
2022/1/20発行

お詫びと訂正