「地域活性化」の検索結果

日本の農業の課題ともいえる「高齢化」と「後継者不足」。これらを解消するため、最近では各地で様々な取り組みが増えているが、今回は北海道のある村で行われていた、トラクターを使った農業イベントについて紹介。農家と地元住民との関わりが生みだす、地域活性ストーリーとは?

トラクターが主役!? 農業イベントで地域活性化へ!

世界各地で生まれる次世代農業アイデアとは?今回は、オランダの首都アムステルダムでの地域支援型農業サービスをご紹介!生産者と消費者をつなぐこのサービスの実態とは?

農家と消費者を繋ぐ!農業界で話題のCSAとは?

近年、日本の荒廃農地面積は増加傾向にある。荒廃農地が増えることは何を意味し、どのような問題につながるのか。その対策についても考える。

高齢化、就農者減少……荒廃農地増加が意味すること

農業は常に人手不足だ。農業経営者として優秀な人材を確保する必要があるが、いざ募集をかけようとなると費用がかかるし、手続きも煩雑そう。販売農家数が5年間で20%も減少し、農業従事者の高齢化問題を抱えている群馬県では、これら課題を解決するために画期的な取り組みが始められている。

農業の人手不足が深刻化する群馬、JAが人材確保へ!

「私の大好物? やっぱり白いご飯です」。元気いっぱい答えてくれたのは、本庄市広報観光大使に就任した乃木坂46第1期生の井上小百合さん。農業と密接に関わってきた彼女の人生観に迫る。

「地元に恩返し」乃木坂46井上小百合、農業への想い

小田原市では、他の多くの地域と同様に、耕作放棄地の増加に悩んでいる。そこで2017年の夏にスタートしたのが、神奈川県県西地域県政総合センター、小田原市、慶應義塾大学SDM研究科が主体となって立ち上げたプロジェクト。みかん畑を守るために、みかんではなくレモンを選択した理由とは?

みかんからレモンへ! 耕作放棄解消の秘策

日本の米どころ代表の秋田。そこへUターンをし、米でその名を轟かせた男がいる。その男が仕掛けたのはその名も「トラ男」。トラクターに乗っている米農家の男性に注目し、チームにすることで違いを見せ、ブランディングに成功した。今回は、その仕掛け人、武田氏にお話を伺った。

若手男前農家集団『トラ男』の米が売れている理由

田舎のヒロインズ大津愛梨の「農家で良かった」。レストランバスは「農村の魅力発信ツール」としては1つの完成形だという。農村の魅力を発信する「魔法の仕掛け」とは?

2階建てレストランバスで「旬を食する旅」をしよう!

農業とサッカー!? 一見なんの繋がりもないようなこの2つが、奇跡的な融合を見せ始めている。新たな就農スタイルのヒントが、新潟県の越後妻有で行われているユニークで画期的な取り組みの中に見つかるかもしれない。

農業と女子サッカー!? 越後妻有で奇跡的な融合!

農山漁村で日本ならではの伝統的な生活体験や、地域の人々との交流を楽しむ滞在型旅行「農泊」。旅行者を農山漁村に呼び込み、宿泊者数や農林水産物の消費の拡大で、それぞれの地域活性につなげていきます。

話題の「農泊」で農村漁村を救う! 農水省が本気だ

1 2

アクセスランキング

  1. 加工場やカフェは「テント建築」で安くオシャレに!
  2. 極上の履き心地! 長時間でも疲れにくい農業ブーツ
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. モンベルが生んだ『デザイン×高性能』ワークウェア
  7. 長期間くみ取り不要! 農家に人気の”農地用トイレ”
  8. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.07 / ¥0
2018年3月30日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル