注目キーワード

「地域活性化」の検索結果

日本のGDPが低迷している中、ワークスタイルに変革をもたらす企業が増えてきた。仕事と休暇を合わせた「ワーケーション」やリモートワーク、副業OKなど、新たな働き方が"まちおこし"を誘発させている。

津田大介が語る! 働き方でローカルの未来を変える”まちおこし”

アグリジャーナルの姉妹誌として発行する『アースジャーナル』の最新号が発売。「持続可能な新農業」として、ソーラーシェアリングを特集しています!

農業×エネルギー読本! アースジャーナル vol.06 発売

イタリア出身の有名シェフが、コペンハーゲン近郊のライラ市に、ひとつの農場を創設した。少量多品種で野菜・果物を有機栽培するとともに、地元の酪農家や畜産家らとも連携し、一流レストランに品質の高い食材を安定的に提供している。シェフからの視点で行う農業の現場を取材した。

ミシュランシェフの農場が挑む、”地方と都市をつなぐ”取り組みとは?

2018年6月、世界文化遺産に登録され、注目を集める五島列島。下五島の五島市では、地域活性に繋げようと、地元の有志達が特産品作りに取り組んでいる。島に自生する日本古来種・五島藪椿を原料とした石鹸「YABU」。その製品化に至るまでのストーリーを追った。

1つ9,000円の”高級石鹸”で地域振興! 島民の思いを叶えた6次化成功事例

「農業者」(農林水産省)と「商工業者」(経済産業省)が一緒になって地域活性化に取り組もうという目的で2007 年11 月に始まった「農商工連携」。10 年以上たち、考え方も、規模も、スケールも、大きくなっている。そこで、農商工連携スタートアップの際に役立つ5つのポイントを紹介。

「農商工連携」って何? 地域農業を活性化させるポイントとは

カリフォルニア州の老舗ワイナリーが所有するワイン畑で、2010年から毎年開催されている野外フェス。アーティストによるライブのほか、イートスペースには人気の飲食店やベーカリーが出店し、地元の食を味わえるのがポイントだ。

地元のワイン畑で野外フェスを開催! 「音楽と食」で挑む地域振興

三重県が、今年4月に開講した「みえ農業版MBA養成塾」の2期生を募集する。それに先立ち、公式ホームページをオープンして、多種多様な人材を募る。また、11月24日(土)には東京で説明会も開催する。

三重県「みえ農業版MBA養成塾」2期生募集! 若手就農者の育成に本腰!

「日本ワイン」の表記基準が、10月30日から厳格化される。国産ブドウ100%のものだけが、ラベルに「日本ワイン」と表記できるようになる。

「日本ワイン」の表記基準が厳格化、10月30日から

水田を活用して、主食用米ではなく麦や大豆、飼料用米などを生産する農業者には「戦略作物助成金」、都道府県には「産地交付金」が支給されている。8月31日に農水省が発表した来年度予算概算要求によると、来年度は産地交付金がさらに手厚くなる見通しだ。

水田フル活用政策、来年度は「産地交付金」さらに手厚く

豊かな自然の中で暮らすことを至高と捉える「里山資本主義」。美しい田園風景を守り、地方に人を呼び込むにはどうしたら良いのか? 成功している地域の特徴をジャーナリスト/メディア・アクティビストの津田大介氏が語ってくれた。

津田大介が語る! 「里山資本主義」と地域起こしのポイント

1 2 3 4 5 7

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正