「地域活性化」の検索結果

田舎のヒロインズ大津愛梨の「農家で良かった」。レストランバスは「農村の魅力発信ツール」としては1つの完成形だという。農村の魅力を発信する「魔法の仕掛け」とは?

バスに乗って旬を食する! 農村の魅力が伝わるレストランバスって?

農業とサッカー!? 一見なんの繋がりもないようなこの2つが、奇跡的な融合を見せ始めている。新たな就農スタイルのヒントが、新潟県の越後妻有で行われているユニークで画期的な取り組みの中に見つかるかもしれない。

農業と女子サッカー!? 越後妻有で奇跡的な融合!

農山漁村で日本ならではの伝統的な生活体験や、地域の人々との交流を楽しむ滞在型旅行「農泊」。旅行者を農山漁村に呼び込み、宿泊者数や農林水産物の消費の拡大で、それぞれの地域活性につなげていきます。

話題の「農泊」で農村漁村を救う! 農水省が本気だ

徳島県は伝統産業として藍染が有名。染料の素となる藍を育て、染料を作り、染めていく一連の作業を自分で行いたいと修行の道に入った阿部さん。その後どのように有機農業と出会ったのか。就農して芽生えた想いを伺った。

歴史ある徳島の藍染、有機農業で地域活性化を狙う

全国の耕地面積の約4割、総農家数の約4割を占める、中山間地の農業を元気にする制度「中山間地農業ルネッサンス事業」が新たに始動する。どのような制度なのか?

中山間地農業を元気に!ルネッサンス事業が新設

地域のJA、企業、自治体、農家がチームを作り、様々なプロジェクトを行う福島県。いままさに進められている「循環型農業」への取り組みについて、政策に深く関わる中央大学ビジネススクールの杉浦教授が紹介する。

食品残さを活かしたエコすぎる農業〜福島の挑戦〜

有機農業の町として、全国的にも知られる宮崎県綾町。いま、綾町産の野菜が、生産量が追いつかないほど売れている。仕掛け人のNPO法人まちづくりGIFTの齋藤潤一代表に話を聞いた。

稼げる農家が育つ有機農業の町「綾町」の活気が凄い

高知県・四万十川の中流域に、地方創生のモデルとして全国から注目される道の駅がある。「道の駅四万十とおわ」だ。村でとれたものを、村で売る。小さな地域を元気にしてきた、取り組みの秘訣を聞いた。

高知県の限界集落が地栗で年間15 万人を呼び込む!

いま、農業と福祉の連携が加速している。その最先端を走っているのが一般社団法人農福連携自然栽培パーティ全国協議会の取り組みだ。理事長・佐伯康人さんに、熱い思いを伺った。

市町村に広がる農福連携で 耕作放棄地再生へ!

いま農業で最も旬なキーワードが6次産業化だ。農業をはじめ、林業、漁業の6次産業化による経済的成長を促すために発足されたA-FIVEのサブファンドが注目されている。

日本の6次産業が急成長!? 「サブファンド」という特効薬

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 田んぼの水位をスマホで確認! 見回り時間を大幅削減するツールとは?
  5. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  8. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル