注目キーワード

「農林水産省」の検索結果

農林水産省が主催する「フード・アクション・ニッポン アワード2018」の募集締め切りが、8月31日に迫っている。国産の自社商品をアピールする絶好の機会だ。

優れた国産農林水産物を表彰! 応募締切が8月31日に迫る!

農林水産省は、7月30日、「農作業安全ポスターデザインコンテスト」の優秀作品3点を決定した。農作業中の死亡事故を減らす対策のひとつとして行われているが、入賞作品は思わずハッとさせられるポスターばかり……!?

平成30年度「農作業安全ポスターデザインコンテスト」受賞作品が決定!

農水省は、今年度から「女性が変える未来の農業推進事業」を実施している。その中の「女性農業地域リー ダー育成支援」では、5月から「女性農業コミュニティリーダー塾」基礎編を全国9ヶ所で開催、7月から実践編の本格的なプログラムを行っている。

女性がもっと輝ける農業に! 農水省が始めた新たな取り組みとは?

異常とも言える暑さが続いている今年。そんな中で農作業を行うときには、熱中症対策も例年通りでは充分ではない。そこで今回は、注意すべきこと、おすすめの対策アイテムを紹介しよう。

熱中症対策、できていますか?酷暑下の農作業で注意するべき4つのこと

農林水産省は、2018年6月13日、向こう1ヶ月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)について発表した。都道府県が発表した注意報・特殊報も併せて確認し、しっかり対策しておこう!

農水省が公表「病害虫発生予報」注意報や警報も!?

食に繋がる野菜づくりにおいて、何よりも大切なのは安全性だ。農林水産省は、今月発表された食中毒の発生を受け、改めて衛生管理について注意喚起している。

農林水産省、野菜生産の衛生管理について注意喚起

平成30年産から始まった新たな米政策の一環として、米の流通に関係するより細かい情報が提供されるようになった。今回公表されたのは、平成29年産米の「相対取引価格・数量(平成30年5月)」。しっかりとチェックしておこう。

農水省、平成29年産米の「相対取引価格・数量(平成30年5月)」を公表

近年、全国各地で成功事例が上がってきている、農林水産省の土地改良事業。内陸性気候のため、年間の降水量が少ない干ばつ被害が課題となっていた岩手県二戸郡一戸町での事例をご紹介。土地改良事業を利用し、全国有数のレタス産地となり、農家の安定した所得を確立することに成功した。

干ばつ被害が多かった地域の農家所得が3倍に!?

農林水産省は、4月18日、向こう1ヶ月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)について発表した。詳細を確認してしっかり対策しておこう!

今後の病害虫予測発表!作物を守るため要チェック!

3DプリンターやAIなど、先進技術が次々と登場する昨今。様々な業界で革新がもたらされており、農業も例外ではない。そんななか、農林水産省の有志により、未来の「食」と農業をテーマとしたオープンラボが開催された。

食の未来を問う!農水省若手有志がオープンラボ開催

1 2 3 4 5 7

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. “トリコデルマ菌”の働きをわかりやすく解説! 根張りを増やして収量アップへ...
  2. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  3. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  4. アザミウマの発生を1/10程度に削減! イチゴ農家を救うLEDの赤い光
  5. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...
  6. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  7. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点
  8. 絶品の柑橘、高評価の要は「光センサー」。ふるさと納税サイトで売上アップへ...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 農業・畜産の最新技術が熊本に集結!西日本最大級の総合展『J AGRI』5月22日から開催...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正