注目キーワード

「農業ICT」の検索結果

茨城県農林水産部産地振興課では、平成27年度9月から、県オリジナルのイチゴ「いばらキッス」のブランド強化のためにICTの活用を開始、着実に成果を上げている。県と一緒に現地実証を行っている濱野さんの圃場で話を伺った。

ICTで生産ノウハウを共有!茨城の地域農業の成功例

さまざまな種類のサービスが登場している農業クラウド。今回は、効率的に計測して管理するための生産管理サービスを4つ紹介しよう。

効率的な生産管理を! 農業クラウドまとめ

「IoT」や「ICT」を活用して、安定的かつ高い収量を実現する「スマート農業」は、すでに実用段階に入ったといっても過言ではない。そんな「スマート農業」を近畿大学の星教授が語る。

「スマート農業」の現状と進む先は?

女性に人気のフルーツトマト「ドロップファームの美容トマト®」。新規就農の女性たちでも自信を持って栽培できる理由は、農業クラウドでの栽培管理にあった。

農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?

自動車産業からの農業参入が相次いでいる。デンソーとトヨタネが立ち上げた環境制御システム「Profarm」は、信頼のおける技術力と安心のアフターサポート体制を併せ持つのが魅力だ。

農業で活きる、自動車産業の技術

IoTを活用した現場の「見える化」により、農作業時のリスクを軽減するウェアラブルアイテムが登場した。スマートウォッチのような見た目がファッショナブルな、農作業時に活躍する最先端のアイテムだ。

見た目はスマートウォッチ? 農作業者を守るIoTアイテム

ここ数年注目を集めている、農業とITを組み合わせたスマート農業。現場における問題点と今後の課題について、日本総合研究所の三輪泰史氏による講演の内容をレポートする。

スマート農業を、「儲かる」農業にするには?

地球温暖化による気候変動や、市場の急速な変化への対応……高齢化が進む日本の農業において、栽培技術や環境・風土に関する知見を効率よく共有できる仕組みは、もはや不可欠といっていい。そんな課題を解決してくれるのが、この「e-kakashi」だ。

農業IoTで栽培技術や知見を効率良く共有する

大きな変革期を迎えている日本の食・農に対して、富士通は、2012年からICT活用によって生産現場から経営までをサポートするサービス「食・農クラウドAkisai(秋彩)」を提供している。ここでは、その多岐にわたるサービスの概要について紹介しよう。

生産現場のICT活用で、日本の食・農を新たな展開へ

周りより農業を始めたのが遅くたって、機械に頼れば関係なし!効率的で楽で儲かる農業には機械化が欠かせない。話題の「スマート農業」を現場では一体どのように活用されているのか?千葉県旭市でトマトの栽培を行っている荒井さんにお話を伺った。

機械と育む農業生活 機械化は農業人をいかに救うのか

1 6 7 8 9

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正