「地域活性化」の検索結果

最近、農業現場でよく耳にする「民間企業との提携」。農家やJAが企業とのつながりを持つことのメリットは何だろうか? 中央大学教授の杉浦宣彦氏による連載コラム第1回(前編)。

【進化する農業現場】農業×企業が生む”地域活性の仕組み”とは?(前編)

4Hクラブが主催する「第58回全国青年農業者会議」が開催された。全国予選を勝ち上がった若手農業者たちの意見発表や取り組み発表が行われ、各部門の受賞者が決定。2日間の模様をレポートする。

熱気に包まれた「全国青年農業者会議」の2日間。全国の若手農家が集結

日に日に農業就業者数が減っているうえに、高齢化が進んでいる日本の農業は、危機に瀕した状態だ。「接続可能な農業」とは何か?「強い農業」論が声高に語られているが、農業の現実に目を向けない暴論なのではないか? 哲学者 内田樹氏に聞く。

弱い農家が淘汰された「強い農業」は暴論か? 賢い消費者が地域を支える

日本のGDPが低迷している中、ワークスタイルに変革をもたらす企業が増えてきた。仕事と休暇を合わせた「ワーケーション」やリモートワーク、副業OKなど、新たな働き方が"まちおこし"を誘発させている。

津田大介が語る! 働き方でローカルの未来を変える”まちおこし”

イタリア出身の有名シェフが、コペンハーゲン近郊のライラ市に、ひとつの農場を創設した。少量多品種で野菜・果物を有機栽培するとともに、地元の酪農家や畜産家らとも連携し、一流レストランに品質の高い食材を安定的に提供している。シェフからの視点で行う農業の現場を取材した。

ミシュランシェフの農場が挑む、”地方と都市をつなぐ”取り組みとは?

「農業者」(農林水産省)と「商工業者」(経済産業省)が一緒になって地域活性化に取り組もうという目的で2007 年11 月に始まった「農商工連携」。10 年以上たち、考え方も、規模も、スケールも、大きくなっている。そこで、農商工連携スタートアップの際に役立つ5つのポイントを紹介。

「農商工連携」って何? 地域農業を活性化させるポイントとは

水田を活用して、主食用米ではなく麦や大豆、飼料用米などを生産する農業者には「戦略作物助成金」、都道府県には「産地交付金」が支給されている。8月31日に農水省が発表した来年度予算概算要求によると、来年度は産地交付金がさらに手厚くなる見通しだ。

水田フル活用政策、来年度は「産地交付金」さらに手厚く

生産者と消費者の間の架け橋となり、希少な食材を売買可能な双方向型プラットフォーム「OWNERS」がリニューアルされた。新機能の追加により、ユーザビリティーが向上。さらに、西日本豪雨の被災者支援企画も開催中だ。

希少な農・海産物の売買サイト「OWNERS」がフルリニューアル

農水省が、農山漁村の優れた地域活性化活動を選定・顕彰する「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」。選定された地区が集まるシンポジウムとマルシェが7月4日に開催される。地域活性化への取り組みに関心がある方には、貴重な機会だ。ぜひ参加してみては?

優良な取組から学ぶ!地域活性化シンポジウムとマルシェが開催

浜松市内を中心とし、レタス・枝豆などの生産・販売を開始する「NEXCO中日本」。高速道路沿線地域の活性化や人・物の交流促進に寄与することを目的とし、国産野菜の安定供給の一助となるものと考え、実施していく。 

NEXCO中日本、高速道路会社初の農地所有適格法人に

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?
  3. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  6. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  7. 住居と垂直型農場を一体化!? オーストリアの「ザ・ファームハウス」がすごい!
  8. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  9. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  10. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル