注目キーワード

政策・マーケット

やらなきゃ損! いま話題の「GAP」ってなに?

質向上が期待
人材育成にも役立つ!

具体的な取組みをご紹介しよう。〈食品安全〉の例としては、包装資材のそばに灯油など汚染原因となるものを置かない・堆肥置き場や調製施設では専用の履物を準備する、など。また、〈環境保全〉の例としては、廃棄物を農場に放置しない・農薬空容器を分別して処分する、など。労働者を守るための〈労働安全〉や〈人権保護〉の取組み、また〈経営管理〉の取組みもGAPの大切な一部である。

このようにGAPを「する」ことで、自然と品質向上が期待できるだろう。環境への負荷は低減されるに違いない。従業員にとっては安全・快適な職場になる。GAPは経営者だけが「する」ものではなく、従業員も一緒に行う取組みだ。だから従業員自身がGAPを「する」ことに前向きになる。より良い農業活動が、全従業員の手により、更にブラッシュアップされて行く。GAPを「する」ことで生産者の意識が向上する効果があり、人材育成にも役立っている。

「GAP」の詳しい記事はコチラ

今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
まるっと説明!「GAP」認証取得までの具体的な流れ


illustration: Tomoyuki Okamoto text: Reggy Kawashima

「AGRI JOURNAL vol.5」より転載

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 草を粉砕して、微生物が心地良い土づくり! “BLOF理論”で安心・安全な野菜を...
  8. 【受付終了】海藻・多糖類型からつくられるバイオスティミュラントってなんだ?...
  9. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  10. 遺伝子を改変してより優れた作物を! ゲノム編集は農業界の革命児となるか...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.20|¥0
2021/7/14発行

お詫びと訂正