政策・マーケット

観光スポットとして話題! イタリアの「食と農の体験型テーマパーク」

イタリア都市のひとつであるボローニャで開園された、農業と食を合わせた体験型テーマパーク。この事業は、食と地域の人々を繋ぐ架け橋になっている。

美食の都ボローニャで開業
食と農の体験型テーマパーク

農業や食品加工が盛んなイタリア北東部エミリア=ロマーニャ州に属し、美食の都としても知られるボローニャで、2017年11月、食と農の体験型テーマパーク「フィーコ・イータリー・ワールド」が開業した。

10haの敷地には、ハムや乳製品、パスタなどの食品加工工場のほか、飲食スペース、食品マーケットなどが配置されたメイン施設に加え、野菜などを栽培する農園や、牛、ブタなどが飼育される厩舎を併設。実際の食品加工プロセスを見学したり、飲食を楽しんだりしながら、イタリアの豊かな食文化や伝統的な食品加工の技術を学べる仕組みだ。

イタリア内外から数多くの観光客が訪れ、地元ボローニャの観光振興にも寄与している。


www.eatalyworld.it


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.9(2018年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 植物自体の状態を整える“バイオスティミュラント”とは? 農家の困りごとに新たな選択肢
  8. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正