政策・マーケット

観光スポットとして話題! イタリアの「食と農の体験型テーマパーク」

イタリア都市のひとつであるボローニャで開園された、農業と食を合わせた体験型テーマパーク。この事業は、食と地域の人々を繋ぐ架け橋になっている。

美食の都ボローニャで開業
食と農の体験型テーマパーク

農業や食品加工が盛んなイタリア北東部エミリア=ロマーニャ州に属し、美食の都としても知られるボローニャで、2017年11月、食と農の体験型テーマパーク「フィーコ・イータリー・ワールド」が開業した。

10haの敷地には、ハムや乳製品、パスタなどの食品加工工場のほか、飲食スペース、食品マーケットなどが配置されたメイン施設に加え、野菜などを栽培する農園や、牛、ブタなどが飼育される厩舎を併設。実際の食品加工プロセスを見学したり、飲食を楽しんだりしながら、イタリアの豊かな食文化や伝統的な食品加工の技術を学べる仕組みだ。

イタリア内外から数多くの観光客が訪れ、地元ボローニャの観光振興にも寄与している。


www.eatalyworld.it


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.9(2018年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新夏号、7/16(火)発行!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. AIがデータを収集して解析!? イギリス農業はここまで進化していた
  7. コレひとつで幅広い雑草に効く! 水稲農家におすすめの除草剤って?
  8. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル