「基礎知識」の検索結果

GAPとは、農業における食品安全、環境保全、労働安全などの確保のための、 生産工程管理の取り組みのこと。その取り組みを証明する、JGAP認証取得のメリットは?

売上増も見込める!? 「JGAP」認証取得のメリットとは

トマトの栽培においては、低温や高温による着果不良の問題が多く、頭を悩ませる農家も多い。繊細で管理の難しいトマトだが、安定生産を促進させる画期的な栽培方法が発表され、農水省の「2017年農業技術10大ニュース」にも選定された。その栽培方法とは?

トマトが受粉不要に? 低温・高温障害、着果不良対策の新技術

一歩通りを出ればそこはファッションカルチャーがひしめき合う、東京原宿・表参道。この地で、昭和5年からずっとお米で全国をつなぎ続けている精米店。それが、小池精米店だ。今回は、十一年前に三代目として受け継いだ小池理雄さんに、揺れ動く現在のブランド米事情について、お話を伺った。

スゴ腕精米店主が語る! ブランド米のトレンド動向

2020年の東京オリンピック・パラリンピックにおける食材調達の基準とされたことで、最近よく耳にする「GAP」という言葉。認証を受けると何がよいのか、そもそもの意味とメリットから解説しよう。

やらなきゃ損! いま話題の「GAP」ってなに?

農業で成功を収めるにあたって、一番の課題は人材の確保かもしれない。超売り手市場といわれている昨今、農業だけに留まらず、優秀な人材を確保することは難しくなっている。そんな中で成功するためには? 知らないと損をする重要な2つのポイントを紹介する。

成功する農業! 就農者減でも人材をフル活用する術

GAPには種類があり、それぞれに認証取得のための評価項目や基準が異なる。ここでは、各GAPの構成と特徴を紹介しよう。

GAP認証は3種類ある? それぞれの構成と特徴

異業種からの農業参入において、本業とのシナジーを上手く活用した事例を紹介する。栃木県で受託給食業を展開する株式会社日本栄養給食協会は、独自の「食循環ネットワーク」を構築し、農業分野における新たな可能性を見出している。

成功する農業! 受託給食業×循環型農業【参入事例】

有機肥料、化成肥料とは? それぞれの違いと特長を知り、いいとこ取りをしよう! 元肥や追肥にオススメなのはどっち? 肥料の効果的なやり方や注意すべき点を、まるっと解説します。

成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方

農業に参入し、お金を稼ぎ、経営を成り立たせるためには、選定した品目の栽培に伴うリスクや特徴、実際に作業をこなすことが出来るかどうかを熟考したうえで、「栽培計画」を立てなくてはならない。「栽培計画」を立てるためのポイント3つを紹介する。

成功する農業!「栽培計画」の立て方 3つのポイント

新規事業に取り組む場合、何の関係も無い事業を始めることは非常にリスクが高い。そのため基本的には、既存事業とのシナジー(相乗効果)が得られる取り組みが効率的と言える。当然、農業においても同様なのだ。今回は、農業への新規参入を検討する際の注意点を紹介する。

成功する農業!参入時における既存事業とのシナジー

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場
  3. 野菜が持っている力を最大限に引き出す! “畑まるごと堆肥化農法”とは?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/8(火)発行!
  6. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル