注目キーワード

「農業マーケティング」の検索結果

消費者はパッケージから様々なことを瞬時に読み取っている。農に適したパッケージデザインとは? 農業×ブランディングを得意とする人気デザイナーたちに、基本を教えてもらった。

人気デザイナーに聞く! 農作物や加工品に適したパッケージデザインとは?

ロゴは、いわば生産者の顔。生産者の思い、本質が表現されたロゴなら、きっと想像以上の効果をもたらしてくれる。農業×ブランディングを得意とする人気デザイナーたちに、農にまつわる“デザインの基本”を訊いた。

「ロゴは旗印」生産者の想いが伝わるロゴデザインの基本とは?

ブランド米がひしめく日本のお米市場。消費者に響くお米をどう作るか。お米マイスター五つ星資格所有の「小池精米店」店主による独自のブランディング論から他の農作物や加工品にも活かせるアイディアを紹介しよう。

消費者が選びたくなる米・ブランディング成功の秘訣とは? 五ツ星お米マイスターが分析

ブランディングとは、簡単に言うと、独自の価値を創造し、他との差別化を図る経営戦略のこと。農業×ブランディングにおいて重要な「ファーム・アイデンティティ(F.I)」とは?

農業×ブランディング最重要課題! F.I(ファーム・アイデンティティ)構築のススメ

農家や漁師などの生産者と消費者を直接繋ぐ「ポケットマルシェ」は、コロナ禍前と比べ急拡大している。コロナ禍前後からみる2020年の利用動向を紐解く。

利用者急増の背景に『応援消費』 産直SNS「ポケットマルシェ」がつないだ関係性

業界の古い常識に囚われずに、繊細で斬新な女性独自のブランディングで受注の増加と認知度向上に結びつけたゲブラナガトヨの常務、荒井ひろこさん。朝顔の販売数を2万から20万ポットまで伸ばした女性ならではの感性とは?

花き販売は“女性目線”がカギを握る! 受注増加と認知度向上をさせた独自の戦略とは

販売や広告などの前職の経験から「良いものを作っている人は多いが自社ブランドで売っている人は少ない」という点にチャンスを見出し、自社農産物のブランディングに成功。マーケットのニーズ把握のヒントを伺った。

アイメック農法で高糖度トマトの生産ができる!? 農業女子のミニトマトが売れる理由

果樹王国・福島県にて、農産物の加工や商品化を手がける『Berry’s Garden(ベリーズガーデン)』。今年9月には東京・赤坂にあるチョコレート専門店とのコラボ商品を発表するなど、順調にブランドを育てている。代表の景井さんのエピソードから、農業女子としてのひとつの在り方を探る。

農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍

「食べられるバラ」を生産・加工する「ROSE LABO株式会社」の代表・田中綾華さんは、22歳の若さで同社を創業。自社製品が各種百貨店で取り扱われるまでに、ブランドを成長させた秘訣とは?

“食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは

クラブ制を導入したりんごの生産量が各国で増えている一方で、日本政府は、自国で育成した品種を海外に持ち出さないという方針をとっている。クラブ制を積極的に取り入れるメリットとは一体何なのだろうか? 農業ジャーナリストの青山浩子氏によるコラム(後編)。

世界に広がるりんごの「クラブ制」のメリットとは? 品種開発力の輸出がグローバル化の鍵に

1 2 3 4

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 青果市況情報を無料アプリでチェック! 卸値価格の分析で販路開拓・売上向上へ...
  2. 病害虫を特定!農薬検索・購入までできる診断アプリ「エクスペスツ」体験レポート...
  3. LEDの赤い光でアザミウマが1/10に!ピーマンで効果を実感
  4. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  5. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  6. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 手強い雑草を制しつつ、環境にも優しい? “二刀流”の除草剤を使いこなせ!...
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 【植物工場ビジネスの最新動向と課題】現状は赤字が約半数。エネルギー削減の取り組み進む...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.32|¥0
2024/07/19発行

お詫びと訂正