注目キーワード

「農業機械」の検索結果

農作業を効率化してくれる便利な農業機械。しかしその一方で、不注意や機械トラブルによる死亡事故が多く起きていることをご存知だろうか。作業時には気づかなくても、実は危険が潜んでいる可能性もある。農作業事故を防ぐには、何に気をつけるべきか? 3つのポイントにしぼって解説する。

STOP農作業事故! 危険を防止する3つのポイント

株式会社クボタが、この春に新たな機能を備えたコンバイン・トラクタを発売することを発表した。営農が広まる中でどのような機能を新しく備えたのか、また既存の機能でもレベルアップしたのは何なのか、紹介していく。

営農を支援!クボタのコンバインに新機能が搭載

農水省が発表した「2017年農業技術10大ニュース」に、青切りタマネギの収穫・出荷効率をアップする「新型収穫機」と「専用のフレコンバッグ」が選ばれた。作業を機械化することによる、生産者のメリットとは?

タマネギ農家の作業が半分に! 機械導入の魅力とは

農林水産省農林水産技術会議が発表した「2017年農業技術10大ニュース」に、「高能率軟弱野菜調製機」が選ばれた。この機械を使えば、ホウレンソウの出荷作業の効率が格段にアップする。人手不足に悩むホウレンソウ農家を強力にサポートする技術になるのでは、と期待されている。

ホウレンソウ農家に朗報! 4人作業が2人作業に!?

離農による農地面積の拡大や深刻な人手不足を解決すべく、ヤンマー株式会社が最新技術を駆使して開発した新型コンバインの魅力に迫る。

業界初!収穫効率を上げる「自動ロス制御」コンバイン

健康志向の女性を中心に近年人気急上昇中のもち麦。広島県の農業法人(株)トペコおばらでは、新品種「キラリモチ」の生産・直販が好評だ。成功の影には、2017年3月に導入した精麦機の存在があった。

「もち麦ごはん」ブーム コッソリ教える農家の秘密

地域で出る農業残渣を安価な燃料として使える、バイオマスボイラーが登場。もみ殻や豚糞であれば燃料代0円ということも!ランニングコスト削減に効果的な商品を紹介。

ボイラーの選び方次第で、燃料代が1/3になる?

圃場の「見回り省力化」と「生産性向上」を大きくサポートしてくれるITセンサーが続々登場。2017年春発売予定の「MIHARAS(ミハラス)」が現在予約受付中だ。

広エリアの監視もおまかせ! ITセンサー「ミハラス」

IoTを活用した現場の「見える化」により、農作業時のリスクを軽減するウェアラブルアイテムが登場した。スマートウォッチのような見た目がファッショナブルな、農作業時に活躍する最先端のアイテムだ。

見た目はスマートウォッチ? 農作業者を守るIoTアイテム

余計な力を入れなくても簡単に操作できると人気のHondaの小型耕うん機「プチなFG201」。モデルチェンジにより使いやすさが大幅にアップしたが、注目の新設計とは?

家庭菜園にも使用可能! 操作も手軽で使いやすい「小型耕うん機」

1 5 6 7 8

特集企画

アクセスランキング

  1. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」
  4. 運転をラク&作業効率UP!トラクター自動化製品まとめ【直進アシスト編】...
  5. バイオスティミュラントの最新動向と基礎知識を学べる! 協議会がセミナー開催...
  6. 農業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2022/9/25まで!
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. 足利トマト農家が一丸となり作った地域ブランド、 背景に赤熟もぎりの『王様トマト』。...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.24|¥0
2022/7/20発行

お詫びと訂正