注目キーワード

「野菜」の検索結果

ハウスの被覆材で知られるアキレス。近年では社会ニーズに応えるべく開発した生分解性マルチフィルム『ビオフレックスマルチ』が注目されている。そんな『ビオフレックスマルチ』に新機能が搭載された!

農家さんに朗報! 進化した生分解性マルチ『ビオフレックスマルチプラス』登場

日照不足や低温・高温ストレス、リン酸やたい肥の過剰など様々な原因で、多くの作物に起こりうる「鉄欠乏」。生育を悪化させるこの鉄欠乏を予防・改善するには?

薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?

コロナ禍の影響を受けて過去2年リアルでの開催ができなかったサカタのタネの商談会『サカタフェア』。2023年は久しぶりのリアルとWebの二本立て=ハイブリッドで開催された。そして2023年はサカタのタネ創業110周年である。どんな商談会だったのだろう?

サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート

土づくりにこだわり、LLサイズのA級ネギを安定的に出荷する「合同会社ゲインズエンタープライズ」が、最高賞である農林水産大臣賞を受賞。「ゲインズ」的栽培技術のヒケツとは?

ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?

農業においても一般化してきたデータ分析だが、取得したデータをどのように活用すべきか悩む生産者も多い。その悩みに応え「データ分析を活かした具体的な解決施策」を提供するウェブプラットフォームを紹介しよう。

課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス

オフィスビルですくすく成長する、生まれも育ちも山手線内という水耕栽培ベビーリーフ。オーダーから1時間以内でお届けするサービスが今秋からスタートした。

水耕栽培ベビーリーフで、大都会の地産地消が可能に!? 新鮮野菜を1時間以内でお届け

植物が生育する上で最も重要なのは根の環境。土の中の環境を整えるために必要な微生物と腐植を供給する資材『コフナ』は、世界中の農業生産現場で使われている。

国内屈指のキュウリ産地宮崎で注目! 微生物資材がもたらした “根”への効果

トマトの国内最大級の収穫量を誇る誠和が、イチゴ、キュウリ、パプリカなどへも挑戦している。その栽培ノウハウをオンラインセミナーで公開するという。『GPEC in 愛知』に参加できなくともオンラインで学べる好機会だ。

トマトだけじゃない! 誠和によるナス・パプリカ・キュウリのオンラインセミナー開催

シンジェンタジャパン株式会社は大玉トマト品種「TYなるみプライム」およびミニトマト品種「TYクララスイート」の販売を2021年4月20日より開始する。現地試験において生産者・流通業者から好評のため、商品化に踏み切った。

シンジェンタジャパンが新品種のトマトをリリース! 味・成長性・耐病性に改革

フランスで開催された、農業ロボット分野に特化した国際イベント「FIRA(国際農業ロボットフォーラム)」。そこで登壇した企業の中から、中小規模農業用を中心に開発する4社の、野菜や果物生産に向けたロボットを紹介しよう。

多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選

1 2 3 4

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 化学農薬に依存しない近未来の防除技術「青色レーザー」「オールマイティ天敵」「共生微生物」に迫る...
  2. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. 海藻のチカラを活かす肥料・畜産飼料に注目! どんな効果がある?
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. ホームセンター各社に聞いた、2024年注目の農業資材[コメリ・カインズ・農家の店しんしん・山新]...
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  10. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正