「野菜」の検索結果

ジャガイモ栽培には病害や薬剤使用による食品不安などの問題が付きまとう。そんな中、見果てぬ夢を追い求めてジャガイモの品種改良に挑戦した農家がいた。現代農業の本質を、明治学院大学経済学部経済学科教授の神門善久氏が説くコラム。

ジャガイモ農家の執念! 「品種改良の夢」を追い続けた名門農家の足跡

最近、アミノ酸配合の肥料が注目を集めている。うま味成分であるアミノ酸(グルタミン酸)を肥料として使うことで、野菜の味がグンとアップするという。

野菜の味が驚くほどアップする! 話題の”アミノ酸配合肥料”って?

日照不足や低温・高温ストレス、リン酸やたい肥の過剰など様々な原因で、多くの作物に起こりうる「鉄欠乏」。生育を悪化させるこの鉄欠乏を予防・改善するには?

薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?

お昼のバラエティ番組『ヒルナンデス』のMCアシスタントとして活躍中の、日本テレビアナウンサー・滝菜月さん。番組内の野菜栽培企画『ヒルナンデスファーム』が好評だが、彼女自身、自宅でも栽培するほどの野菜好きだ。

『ヒルナンデス』の滝菜月アナウンサー、自宅でも野菜を栽培中!?

2017年の登場以来、高級レストランや飲食店のオーナー・バイヤーから絶大な人気を集めている「オスミックトマト」。食のプロを振り向かせる理由は、その甘さだけではない。話題の高糖度トマトの真の魅力とは?

食のプロからも大好評! 「甘いだけじゃない」話題の高糖度トマト

おいしい野菜作りに日々奮闘している生産者たちに「初めて栽培した野菜」や「好きな野菜」「栽培が難しい野菜」についてアンケート調査を実施! なんと、すべての項目で「トマト」が1位を飾った。

生産者20~70代に調査「好きな野菜ランキング」1位はトマト!

農水省は、現場で働く農業者と、最新技術を研究する企業や研究機関が直接対話できるイベントを、9月21日に開催する。今回のテーマは「野菜」だ。

農水省「農業者と企業・研究機関の直接対話」イベント、9月21日に

細長くやわらかいニラは、計量・結束作業に手間がかかる。この作業を効率化し、さらに歩留まり改善にも有効なのが、イシダの「組み合わせ計量結束機」だ。

ニラ出荷の歩留まり改善に効果的な「組み合わせ計量機」

傷ものや大きさがまばらという理由で、野菜が大量に廃棄されているという課題がある、日本の農業。青森県の柏崎青果は、廃棄野菜をなくしたいという思いで農産加工を開始。農林水産省の6次産業化推進整備事業を利用して、海外展開にも成功したという事例をご紹介。

6次化で廃棄野菜を有効活用! 海外進出にも成功

浜松市内を中心とし、レタス・枝豆などの生産・販売を開始する「NEXCO中日本」。高速道路沿線地域の活性化や人・物の交流促進に寄与することを目的とし、国産野菜の安定供給の一助となるものと考え、実施していく。 

NEXCO中日本、高速道路会社初の農地所有適格法人に

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  3. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 【農家必見】夏の次世代農業体験プロジェクト! 参加メンバー募集!
  6. 夏の雑草対策に!最新雑草防除ギア7選【刈払機・草刈機編】
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  9. 「無人での完全自律走行」が実用化!? 2020年、スマート農機は大きく進化する
  10. 【特別対談】誠和×ノーリツの異業種コラボ! 『真呼吸』が農業の今後を変える?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル