注目キーワード

「海外トレンド」の検索結果

ドローンの自動飛行で24時間巡視。アメリカ・ワシントン州立大学の研究チームが開発に取り組む、ドローンを活用した害鳥忌避システムとは?

圃場の害鳥を自動で追い払う!アメリカの大学研究チームがドローンを活用したシステムを開発

人工衛星から撮影するハイパースペクトル画像は、これまで見えなかった情報を詳細に可視化できるのが特徴。スマート農業に活用し、農作物の収量向上へつなげる仕組みとは?

宇宙から圃場の状態を詳細に可視化!カナダのスタートアップ、高解像度のカメラ技術を開発

約3000㎡に広がるベルギーの地下農場「エクロ」。都市型農業とサーキュラーエコノミーを融合させたモデルを特徴とする。地下農場で葉野菜やキノコを栽培する仕組みとは?

地産地消と循環型経済が融合する、ベルギー最大の地下農場とは?

農業に不向きとされている乾燥地帯。サウジアラビアでは、太陽光発電しながら大気中の水分を集めて作物を栽培することに成功した。実用化が期待されるソーラーパネルを使った最新技術とは?

乾燥地帯で大気中の水分を集めて作物を栽培!? サウジアラビアで実証実験が始まる

日本においては、農業就業人口の減少や農業者の高齢化により、農業の労働力不足が深刻な問題となっている。そんな中、アグリテック先進国のイスラエルではトマトを収穫するロボットを開発し注目を集めている。

スマート化が進む施設園芸、イスラエルでトマト収穫ロボットが登場

EUが定めた残留農薬の基準はとても厳しく、オーガニック志向の人が多い。そんな中スウェーデンでは、果物の残留農薬を数分で検知するナノセンサーの開発に成功した。

スウェーデンの研究チームが開発! 果物の残留農薬を数分で検知するナノセンサー

農業にもICTの波はどんどん押し寄せている。オーストラリアで開発されたのは、VRを活用したソリューション。仮想現実を活用して農業体験やトレーニング受講が可能になるなど、活用方法は幅広い。

VRを農業に活用! 農作業や農業機械の操作方法などを学ぶバーチャルトレーニングも

アメリカで「土壌サンプル採集ロボット」が開発された。精度向上&効率化を実現する、最先端技術を見ていこう。

作業時間は半減・採取エラーは10%軽減! アメリカ発の土壌サンプル採集ロボット

海外のわくわくする情報をお届け! カナダではなんと、地下で作物を栽培するソリューションが登場した。どのような仕組みなのか、どんなメリットがあるのか、さっそく見ていこう。

地下で作物を栽培!? カナダで開発された「垂直農業ソリューション」とは

農業・環境・買手にも嬉しい、海外の最新ソリューションを紹介。イスラエルでは食品ロスの削減に貢献する、青果物向け特殊コーティング剤の開発が進んでいる。

食品ロスの削減に! 植物由来で安全な青果物向け食用コーティング剤

1 2 3 7

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 腰痛持ちの果樹農家さんに朗報! ゴーカートみたいな“乗用草刈機”
  2. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  3. 海藻のチカラを活かす肥料・畜産飼料に注目! どんな効果がある?
  4. ホームセンター各社に聞いた、2024年注目の農業資材[コメリ・カインズ・農家の店しんしん・山新]...
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 収量が上がる果樹栽培法『ドリップファーティゲーション』に注目!
  7. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  8. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正