「海外トレンド」の検索結果

オランダでパプリカ自動収穫ロボット「スウィーパー」の開発が行われている。注目すべき驚きの最新機能とは?

パプリカの熟度を判断して自動収穫!? オランダで収穫ロボットの開発が進む

イギリスで「ブイファーム」と呼ばれるモジュール型屋内農場ソリューションがある。棚を移動させ、作業スペースを確保できる仕組みだ。

究極の地産地消へ! 限られたスペースを有効活用できる「ブイファーム」って?

農業は画期的な形で進化している。なんとオーストリアでは、建築と農業が既存の枠組みを超えて融合! 新たなトレンドを見てみよう。

住居と垂直型農場を一体化!? オーストリアの「ザ・ファームハウス」がすごい!

オランダのスタートアップ企業が、太陽熱を使ったオフグリッド型施設栽培システムを開発! 太陽の熱を集めて貯蔵システムで蓄熱し、24時間いつでも施設内の冷暖房や照明、汚水の浄化などに活用できる仕組みだ。

太陽熱を使った施設園芸!? 蓄熱もできるオフグリッド型栽培システム

ニューヨークにある「グリーン・ブロンクス・マシーン」。ここでは地元の子供たちに健康的な食事を学ばせている。実際に農作業にふれることで、子供たちの"食の理解"を深めることが狙いだ。

収穫・調理体験で子供たちを育てる! アメリカで人気の”食育センター”

イタリア出身の有名シェフが、コペンハーゲン近郊のライラ市に、ひとつの農場を創設した。少量多品種で野菜・果物を有機栽培するとともに、地元の酪農家や畜産家らとも連携し、一流レストランに品質の高い食材を安定的に提供している。シェフからの視点で行う農業の現場を取材した。

ミシュランシェフの農場が挑む、”地方と都市をつなぐ”取り組みとは?

イタリア都市のひとつであるボローニャで開園された、農業と食を合わせた体験型テーマパーク。この事業は、食と地域の人々を繋ぐ架け橋になっている。

観光スポットとして話題! イタリアの「食と農の体験型テーマパーク」

財務省の貿易統計によると、昨年のリンゴの輸入量は、2,000年以降では最多となる4,000トン超。今年もそれに近い勢いで、8月までの速報値で3,500トンを超えた。

リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い

北朝鮮の土地柄や気候・国民性は、農業に非常に向いているという。日本においては農作業を外国人労働者に頼る傾向が強まっているが、いずれは北朝鮮の人々がその役割を担ってくれる日が来るかもしれない。

北朝鮮は農業のポテンシャルが高い! 将来は外国人労働者の中心に?

農林水産省が、国内外の農業資材価格についての調査結果を公表。肥料や農薬の価格は、販売店によって大きな値段差があることが明らかになった。また、海外の資材価格は、日本よりも総じて安価だという。

農水省が肥料や農薬の価格調査、販売店によっては2倍以上の値段差も

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. “循環型社会”を体現した体験型施設「KURKKU FIELDS」が今秋オープン!
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは
  8. アイテムを駆使する時代に。いま注目の農業・畜産の最先端技術5選!
  9. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル